アコムの恐ろしさはどうして感じる?アコムはやばいのか同業他社とも比較検証

更新日:2022年01月17日

アコムの悪いところ良いところ

悪いところ
・金利がプロミスよりも高い

・収入がない人は借りられない(専業主婦・主夫やアルバイトをしていない学生)
・融資の限度額が銀行カードローンよりも低い

いいところ
アコムの審査スピードは速い

・土日でも即日融資可能
・30日間無利息サービスがある

この記事では、ほかにも悪いところや良いところを詳しく解説しています。

 

アコムは本当に怖いのか?不安な方は最後まで読んでみてください。

カードローンが怖い2つの理由は現代社会において時代遅れ

カードローンの専門業者には過去の消費者金融のような薄暗く怖いというイメージを持つ方も多いと思います。

 

アコムはそういった消費者金融の中にありながら、テレビやインターネットで流れているCMや起用されているタレントの効果で非常に明るいイメージを維持している企業です。

 

しかし、それでも怖いイメージが払拭されるわけではなく、疑いの気持ちで見てしまうことも当然あると思います。

 

カードローンに対して「怖い」と思う要因は主に2つあります。

  • 延滞したときの取り立てが怖い
  • 法外な利息を請求される

アコムはカードローンを専門に展開している金融企業の中でも最大手と言える非常に大きな企業です。

 

国内有数の大手消費者金融なので、当たり前の話ですが法令は100%遵守します。

怖いお兄さんによる取り立ては違法なのでありえない

テレビなどでよく見かける「支払えなくなったら怖い人たちが押し寄せてきて脅される…」などと言った行為は、違法である上にアコム側としても効率的ではありません。

アコムの取りたては怖い

さらにそのようなことがあったら親会社である、三菱UFJフィナンシャル・グループにも甚大なる被害が出ることは想像できます。

 

当然のことながら支払いが遅れればそれなりの連絡はありますが、それでも支払いがされない場合や悪質と判断されたときには法律に基づいて処理されます。

 

強引な取り立てが心配な方は金融庁公式サイトの強引な取立てに関する相談等をご覧ください。

 

延滞しても金利は最大で20.0%

支払いが遅れたりすると、怖いお兄さんが取り立てにきて法外な金利を請求されると思われがちですが、遅延損害金の利率は最大でも20.0%です。

第四条第一項の規定にかかわらず、営業的金銭消費貸借上の債務の不履行による賠償額の予定は、その賠償額の元本に対する割合が年二割を超えるときは、その超過部分について、無効とする。

引用:利息制限法7条1項


上記のとおり法律として明記されているため、たとえ利用者が意図的に返済を遅らせたりしても金利は最大で年20%(年二割)ということになります。

 

延滞すると怖いというのはイメージであり、実際にはたび重なる返済の遅れによって大きな金額を請求されているだけなのです。

アコム遅延損害金

銀行系のカードローンやクレジットカードのキャッシングでも遅延に対する金利は20%に近いところが多くなっています。
参考
みずほ銀行 カードローンの遅延損害金利率
JCB会員規約(個人用)

法外なことをすれば貸金業者登録を取り消される

アコムは怖い・ヤバいというのは金利や利息に対する不安がほとんど。

 

アコムは関東財務局に貸金業者として登録しており、国から認められた企業として業務を行っています。

 

財務局は消費生活センターと連携することで情報収集もしているため、貸金業法に違反する行為を行えば営業許可を取り消されます。

 

実際にはアコムだけ金利が高いということはなく、貸金業として登録している業者はすべて同じような内容で金利を設定しているのです。

 

例えば100万円以上のお金を借りれば金利は15%です。

 

この適用される金利とは貸金業法という国で定められている法律にあわせて作られています。

 

貸金業法で定められた上限金利

上限金利

元本の金額が10万円未満のときの上限金利 → 年20%
元本の金額が10万円以上から100万円未満のとき上限金利 → 年18%
元本の金額が100万円以上のときの上限金利 → 年15%

引用:日本貸金業協会 上限金利について

 

利息の仕組みは銀行と変わらないので怖がる必要はない

金利についての不安はつきまといますが「利息ばっかり払って元金が減らない」と思うのは、リボ払いというシステムによるものなのです。

 

しかもこのリボ払いというのは大手銀行でも採用しており、どこで借りても結局は似たような返済方法になってきます。

 

負担にならなように細く長く返済するような仕組みではありますが、利息は日数計算なのでなかなか減っていかないということになります。

 

利息を減らすには短期間で返してしまうのが唯一の方法です。

アコムは親会社が三菱UFJフィナンシャル・グループだから怖くない

アコムは2004年から三菱UFJフィナンシャル・グループと提携を行い子会社化されています。

 

大手銀行の三菱UFJフィナンシャル・グループ子会社として三菱UFJの印象を悪くしないよう、非常に厳しい経営管理を行うようになりました。

組織を構成している主な企業としては

  • 三菱UFJ銀行
  • 三菱UFJ信託銀行
  • 三菱UFJ証券ホールディングス
  • 三菱UFJリース
  • 三菱UFJニコス

などが中心となっており、それぞれが金融業界の中で大きな力を持つ企業となっています。

アコムのグループ会社

三菱UFJフィナンシャル・グループの経営ビジョンを守るために欠かせない経営管理体制に注力しているため、信頼を置いて長く付き合える企業であるということがわかります。


\ アルバイトでも申込可能 /

今すぐお申し込み

申込み入力は15分あれば完了です

アコムの評判は?口コミからわかるアコムに向いている人・いない人

これから申し込もうとしている人や、数あるカードローンの中からどれを選べばいいのか迷っている人は、アコムの評判が気になるものです。

 

口コミを見ていくと、アコムでお金を借りたほうがいい人とそうでない人が見えてきますので、そちらも詳しく紹介していきます。

 

評判はあくまでも参考までにし、実際のアコムのサービス内容もしっかり確認しましょう。

アコムの肯定的な口コミは利便性についてが多い

知名度があるので安心

肯定的な口コミで目立つのは、「知名度があるので安心」というものです。

 

誰でも知っているので、「はじめて借りるならアコム」というイメージもあります。

 

また、無名の業者は闇金かもしれないという不安があるので、やはり安心感は大切です。

即日融資を受けられて助かった

申し込んだその日にお金を借りることができた点も評価されています。

 

急にお金が必要になる可能性は誰にでもあるもの。

 

アコムは申し込みから最短30分でお金を借りられます。

無利息サービスがうれしかった

やはりお金を借りる以上、「金利」が何%に設定されているのかは重要なポイントです。

 

30日以内に完済すれば利息0円なのですから、借り入れや返済の仕方次第では銀行カードローンよりもお得です。

 

お金に困っているからお金を借りるわけですから、利息などの余計な出費を減らせる無利息サービスは見逃せません。

簡単に申し込みができた

新規申し込みが簡単という使いやすさについての評判もあります。

 

アコムには、自動契約機(むじんくん)やWebからといった申し込み方法はもちろんのこと、スマホだけで申し込みを済ませるスマホ完結もあります。

 

来店することなくいつでもどこでも申し込めるのは魅力的です。

アコムの否定的な口コミは金利や金額に関すること

どれだけ知名度の高いアコムであっても、やはり肯定的な口コミばかりではありません。

 

しっかりと否定的な口コミも確認した上でアコムに申し込むかどうかを決めてください。

銀行よりも金利が高い

アコムに限ったことではありませんが、消費者金融のカードローンは銀行カードローンに比べて金利が高いです。

 

しかし、少しでも早く完済することや、あとから銀行カードローンで借り換えるなどをすれば金利の高さをカバーできます。

在籍確認があって困った

とはいえ、在籍確認をしない金融機関はないので、この否定的な口コミはアコムだけに関したものではないと言えます。

 

なお、金融機関によっては在籍確認を電話ではなく書類で行ってくれるケースがあります。

 

どうしても在籍確認の電話を避けたい人はアコム以外を検討しましょう。

初回契約や限度額が低めだった

確かに限度額が予定していたものより低いとがっかりするかも知れません。

 

しかし、はじめて申し込んで来た人に、最初から高額貸付けをする金融機関はほぼありません。

 

限度額を大きくしたいのであれば、利用実績を積んでアコムからの「信用」を得るしかないのです。

総量規制内の額しか借りられなかった

消費者金融は貸金業法を遵守して営業しているため、「総量規制」の影響を受けます。

 

そのため、年収の3分の1までしか借りることができませんが、これは法律であるためほかの消費者金融でも同じです。

お借り入れは年収の3分の1までです
過度な借り入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借り入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用元:日本貸金業協会 総量規制について

なお、銀行カードローンであれば総量規制の影響は受けませんが、最近は銀行も年収の3分の1以上の貸付けを自粛する傾向にありますので、それ以上を借りるのは難しいと言えます。

アコムと契約後に突然借りられなくなったという口コミ

アコムの口コミを調べていると、急に借りられなくなったという口コミも見つかります。

 

限度額までなら何度でもアコムでお金を借りられるのに、急に利用できなくなったらその価値が半減してしまいます。

 

確かに急に使えなくなってしまうのは次のような理由があります。

  • 返済の遅延、延滞
  • 総量規制近い借り入れ
  • 他社の利用限度枠の増額
  • 退職や転職で収入が減った
  • 提出を求められても収入証明書を出さなかった

お金が借りられなくなる主な原因は、延滞、総量規制に抵触、収入減少といったことが多いです。

 

しかしいずれかの原因で利用停止になったとしても、しっかりと対処すれば元の状態に戻ります。

 

対処法は、アコムのコールセンターに電話をすることです。

 

既に会員の人の電話番号は、以下の通りです。

アコム総合カードローンデスク

TEL:0120-629-215

受付窓口:平日9:00~18:00

返済が遅れているのであれば、いつまでに返せるかを申告するなどの対応をしてください。

 

また、何が原因なのかわからないときには、個人信用情報の開示請求をするのもひとつの方法です。

口コミ調査データ出典元
ランサーズ
銀行カードローンに関する消費者意識調査

アコムの悪いところとは?同業他社や銀行と金利を比較

まずはアコムの悪いところから見ていきましょう。

 

アコムは金利がプロミスより高いことです。

 

プロミスの上限金利17.8%の対し、上限金利は18.0%になっています。なお同じ消費者金融でも上限金利が低いのはプロミスの17.8%です。

 

ただし、0.2%の差なので、ほとんど違いがないと考えてください。

会社名 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

 

アコムはカードローンの他に「おまとめローン」も金融商品として扱っており、そのおまとめローンの上限金利も18.0%です。

 

金利は借り入れ金額が少ないと高くなり、多くなるほど下がります。

 

アコムで適用される金利は以下のようになっています。

借入限度額 適用される金利
1万~99万円 7.7%~18.0%
100万~300万円 7.7%~15.0%
301万~500万円 4.7%~7.7%
501万~800万円 3.0%~4.7%

 

アコムから50万円を借りた場合の金利

例えば、アコムから金利18.0%で借りた50万円を1年以上かけて返済した場合は以下のようになります。

返済回数 月々の返済額 利息 返済総額
12回 45,839円 50,074円 550,074円
24回 24,962円 99,079円 599,079円
36回 18,076円 150,721円 650,721円
48回 15,125円 195,756円 695,756円

利息は「借入残高×借入利率÷365日×利用日数」で計算されます。※うるう年は365日が366日になります

 

最低金利の3.0%で借りられることはありません

アコムの金利は最低3.0%~となっており、アイフルやSMBCモビットと並ぶ低金利です。

 

しかし、実際には金利3.0%という低金利の恩恵を受けることはまずありません。

 

表記されている金利は◯%~◯%と幅をもたせてありますが、実際はアコムの借り入れ実績や信用度の観点から高い金利になるのが一般的です。

 

ほかにも金利が高くなる理由として、車や住宅のローンと違い、カードローンでは支払い不能になったときに回収する担保がないためです。

 

501万円以上借りればいいと考えがちですが、総量規制の観点から高い限度額を借りるのも困難です。

 

アコムは金利以外にも悪い点があるので、申し込み前に確認しておいてください。

 

専業主婦など収入がない方は借りられない

専業主婦や無職の方など、収入のない方はアコムでお金を借りられません。

 

消費者金融は貸金業法で定められる総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか貸し付けてはいけないという決まりがあります。

 

総量規制は消費者金融すべてに適用されるため、収入が0円の方はお金を借りられないのです。

 

審査を受けたいのであれば、まずはパートやアルバイトなどをして毎月お給料をもらっているという状況を作ってください。

 

安定した収入があると認められれば、審査に通りやすくなります。

 

内職でもいいので、収入を得ていれば申し込みは可能です。

 

学生なら収入があることが条件

学生であっても、20歳以上であればアコムでお金を借りられます。

 

ただし、「安定した収入」があることも条件となっているため、アルバイトをして毎月お給料をもらっている必要があります。

 

さらに、毎月など定期的に収入があることが大切で、例えば単発のアルバイトをしているだけでは、安定した収入があるとは判断してもらえないため注意してください。

 

年金生活者は年金以外の収入がないと申し込めない

年金生活者も審査に通ればアコムでお金を借りられますが、年金以外に安定した収入がある方が審査対象者です。

 

年金は安定した収入とは判断していないため、それ以外の収入があることが審査では必須条件です。

 

安定した収入とは次のようなものです。

  • 会社からのお給料
  • 不動産収入
  • 事業収入

 

限度額は銀行系カードローンより少ない

アコムの融資限度額は、800万円までとなっています。

 

一方、銀行系カードローンの場合は、融資限度額が1,000万円を超えるところもある上に、総量規制の影響を受けないため、理論上は年収の3分の1に制限されることなくお金を借りることができます。

 

他の大手消費者金融では、アイフルやSMBCモビットでも800万円、プロミスが500万円となっており同水準と言えます。※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要

 

しかし、これらは飽くまでも融資限度額であって、希望すれば貸してくれる金額ではありません。

 

実際の限度額は審査によって決められますし、限度額は年収の3分の1までとなる総量規制もあります。

 

このことより、高額融資を希望している場合は、消費者金融よりも銀行系カードローンは希望額に近い融資を受けられる可能性が高いです。

 

しかし、近年銀行も年収の3分の1を超える貸付けを自粛している傾向にありますので、年収に見合わないお金は借りられないと考えてください。


\ アルバイトでも申込可能 /

今すぐお申し込み

申込み入力は15分あれば完了です

アコムの良いところは?審査から借り入れまでが早く金利を下げる正攻法もある

アコムの良いところ

アコムの良いところは、最短30分で審査結果が出ることと、お金を借りるのがはじめての方から多くの支持を得ていることです。

 

アコムは大手銀行の保証業務も行っているので審査能力も高く、2021年9月末現在でアコムのローン事業の利用者数は150万件4千件に達しました。

 

新規の申し込み数も多いときには一日に1,400人を超えています。

 

2021年4月から9月までの新規申込者数
4月 47,119
5月 48,117
6月 40,584
7月 42,005
8月 44,638
9月 45,718
期累計 268,181

268,181÷6ヶ月÷31日=1442

データ:アコムマンスリーレポート2021年9月末

 

アコムの良いところである、土日にもお金を借りられることや金利0円期間など、銀行カードローンにはない特徴も紹介します。

土日でも最短でその日のうちにお金を借りられる

銀行のカードローンでは土曜や日曜に契約することは出来ません。

 

アコムは休日でも審査を行っているので土日関係なくお金を借りることができます。

 

審査は9:00~21:00と長い時間受け付けてくれるのも良いところです。

 

自動契約機(むじんくん)を使う必要がありますが、申し込みをするとその場でカードが発行され、ATMも併設しているので土日でも即日融資を受けることができます。

 

アコムは24時間いつでも振り込みでお金を借りられますが、三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・楽天銀行以外は翌営業日になってしまいます。

 

審査にかかる時間は土日でも関係なく最短30分ですから、急な出費にも対応できます。

無利息期間を活用して実質的な金利を下げられる

はじめて申し込みする方には「30日間金利0円サービス」が適用されます。

 

金利0円の期間中に返済した分は金利が0円。

 

それ以降は残った元金に対して金利が発生していきます。

 

30日間の金利0円期間のうちに全額を返してしまえば金利は0円ですし、半分返してしまえば実質的に支払う金利総額は約半分になります。

 

最初のうちに返した金額によって、金利の支払額も大きく変わってきます。

クレジット機能を搭載したカードも即日発行可能

アコムはCMの影響からカードローンだけの会社だと思っている人が多いと思います。

 

しかし、カードローンだけでなく、ACマスターカードというクレジットカード機能を備えたカードローンも提供しています。

 

ACマスターカードは、クレジットカード機能とカードローン機能を搭載しているので、一枚で二役をこなすカードです。

 

まだクレジットカードを持っていないという人は、カードローンではなくクレジットカードの申し込みも検討してみましょう。

 

ACマスターカードの基本スペック
限度額 10万円~300万円 ※300万円はショッピング枠利用時の限度額
手数料率/実質年率 10.00~14.6% ※ショッピング枠ご利用時
年会費 無料
発行にかかる時間 最短即日発行
特典 毎月利用金額の0.25%をキャッシュバック

なお、一般的なクレジットカードとACマスターカードには、大きな相違点があります。

 

一般的なクレジットカードの上限金額は、クレジット(ショッピング枠)の上限よりキャッシングの上限が高くなることはありません。

 

しかし、ACマスターカードは、カードローンにショッピング機能が付いたカードになります。

 

そのため、カードローンを契約しないと、クレジットカードの契約もできません。

 

上限額はカードローン(キャッシング枠)の上限と、クレジット(ショッピング枠)の上限の高い方となります。

 

例えば、カードローンが20万円、クレジットが30万円の上限となっている場合、クレジットカードの上限は30万円となります。

 

仮に、ショッピングで25万円分の枠を使ってしまうと、残りは5万円です。

 

確かにカードローンの限度額は20万円ですが、カードの上限が30万円のためキャッシングは5万円までしかできません。

 

キャッシング20万円とショッピング30万円が別々の枠として設定されているのではなく、合計で30万円までしか利用できないので気を付けましょう。

 

ACマスターカードも即日発行可能です。

ACマスターカードも、カードローンと同じく最短30分で審査が行われるので、最短即日でカードを持つことができます。

 

即日発行のクレジットカードは他社では見られません。

 

ただし、「カードローンの審査に落ちたけど、クレジットカードの審査なら通るかもしれない。」という期待は持たない方がいいでしょう。

 

同じ会社が審査を行っている以上、クレジットカードに申し込んでもキャッシングの審査に通過することはないと言えます。


\ アルバイトでも申込可能 /

今すぐお申し込み

申込み入力は15分あれば完了です

急いでる人ほどアコムはお金を借りやすい

アコムの口コミ・評判から判断して、アコムでの借り入れがおすすめなのは次のような人です。

  • 即日融資を希望している人
  • 他社のローン審査に落ちた人
  • 近くに自動契約機(むじんくん)か店舗がある人

 

即日融資を希望している人

アコムで借り入れするメリットのひとつが、申し込みから最短30分でお金を借りられるという点です。

 

「すぐにでもお金を借りたい」という人は、アコムの即日融資を活用してください。

 

銀行カードローンは金利の低さが魅力ですが、即日融資には対応しておらず審査にかなり時間がかかります。

 

銀行は審査が厳しくなり、即日融資で借りられないなどのデメリットがあります。

銀行、個人即日融資を停止
国内の銀行各行はカードローンなど新規の個人向け融資で審査を厳しくする。
警察庁のデータベース(DB)への照会で審査に時間をかけ、即日の融資を停止する。家族らの申し出で貸し付けを自粛することも検討。
銀行カードローンは利便性の高さを売りに急膨張してきたが、過剰貸し付けとの批判もあった。

引用:日本経済新聞

長いと数週間に及ぶ場合もありますし審査に落ちる可能性も考えると、アコムで直ぐに結果を出してもらったほうがお金を計画的に使えます。

 

他社のローン審査に落ちた人

他社のローンに落ちてしまった人でも、アコムなら審査に通過する可能性があります。

 

これはアコムの審査が甘いというわけではなく、審査基準や融資対象者の幅が他社とは違うからです。

 

1社の審査に通過しなかったからと言ってあきらめずに、アコムの審査にも申し込んでみてください。

 

ただし短期間に何度も審査に申し込む行為は控えてください。

 

いわゆる「申し込みブラック」と言われる状態になって、審査に通過しにくくなってしまいます。

 

審査に通過しなかった場合には、最低でも6か月以上の期間を空けてから申し込むようにしてください。

 

近くに自動契約機(むじんくん)か店舗がある人

アコムを上手に活用したいなら、住まいや職場の近くに自動契約機(むじんくん)か店舗があると便利です。

 

新規契約時にローンカードをすぐに受けとることができますし、アコムATMなら手数料は無料です。

アコムが向かないのは専業主婦や金利に不安のある方

次に紹介するような特徴に当てはまる人は、アコム以外の金融業者で借り入れすることをおすすめします。

  • パートをしていない専業主婦
  • 金利を抑えたい人

 

パートをしていない専業主婦

アコムの審査を受けられるのは申し込み者本人に収入がある人だけです。

 

パートやアルバイトなどをしておらず、全く収入がない専業主婦や専業主夫は、申し込めないので他社での借り入れを検討してください。

 

具体的には、配偶主貸付を認めている金融機関ということになります。

 

ただし、配偶者貸付が可能な金融機関は少ないので、選択肢はぐっと減ってしまいます。

 

また、収入がある配偶者の同意がなければお金を借りられないので、内緒でカードローンを利用することはできません。

 

金利を抑えたい人

30日間の無利息期間があるとは言っても、消費者金融カードローンの金利は決して低くありません。

 

少しでも金利を抑えたい人は、審査に時間はかかっても銀行カードローンなどの金利の低いものを選ぶようにしてください。

アコムへ申し込む前に確認しておきたい4つの審査ポイント

アコムでお金を借り入れるためには、当然審査が必要になり、主に次の点がチェックされます。

  1. 個人信用情報に問題がないか
  2. 他社借り入れを含めて総量規制の範囲内か
  3. 在籍確認が取れるか
  4. 嘘がなく正確に申し込みを行っているか

審査基準は各消費者金融業者によって異なりますので、審査に通りやすい、通りにくいといったことは一概には言えません。

 

しかし審査基準は違っても審査で見られるポイントはほぼ共通しています。

 

審査で見られることを把握し、あらかじめ対策を立てることで審査通過の可能性は格段に上がります。

 

個人信用情報に問題がないか

審査では必ず個人信用情報というものが確認されます。

申込人、契約者の支払能力・返済能力の調査のために、当社がそれを使用します。

引用:アコム ローン・クレジットカード事業における個人情報の利用目的等


個人信用情報とはローンやクレジットカードなどの申し込み情報や契約内容が記載されたもので、審査のときに重視される項目です。

 

過去に61日以上の長期延滞といった金融事故がなかったか、他社に多額の借り入れがないかなどをチェックすることができます。

 

カードローンの返済やクレジットカードの支払い以外にも、奨学金、毎月の携帯料金、端末代の割賦支払いも個人信用情報に含まれます。

 

もし個人信用情報に何らかの問題があれば、審査に通ることは難しいのでアコムに申し込むのは避けた方が良いでしょう。

 

何かひとつでも心当たりがある人は、事前に個人信用情報の開示請求をしておくと安心です。

 

他社借り入れを含めて総量規制の範囲内か

次に、他社借り入れを含めた借入金額が、総量規制の範囲内であるかという点もポイントです。

 

総量規制は他社の借り入れも含めて計算されますので注意してください。

 

そのため年収が150万円で借り入れ限度額が50万円の場合、既に他の消費者金融で30万円借り入れしているのであれば、アコムの借り入れ限度額は20万円までとなります。

 

公式サイトにある3秒診断では、他社借入を入力して借り入れ可能かどうかを計算してくれます。

 

在籍確認が取れるか

アコムの審査に通るためには在籍確認を受けなければなりません。

 

在籍確認とは申し込み者が申告した勤務先で実際に働いているのか、アコムの審査担当者が勤務先に電話を掛けて確認するというものです。

 

いくら個人信用情報などに問題がなくても、在籍確認が取れなければ審査に通ることはありません。

 

もちろんプライバシーに配慮し、本人以外にはアコムやカードローンといったフレーズを出すことは一切ありませんので、アコムの利用がバレる可能性は低いです。

勤務先(もしくはご自宅)への在籍確認のお電話は、ご本人以外の第三者に知られることがないようアコムとは名乗らず必ず個人名を名乗ります。

引用:アコム 在籍確認について


雇用形態や会社の規則などで在籍確認が取りにくいということが予想される場合は、申し込み前にアコムに連絡し相談しておきましょう。

 

嘘がなく正確に申し込みを行っているか

アコムへ申し込みを行うときは、自分の住所や家族構成、勤務先の情報などを細かく入力する必要があります。

 

もし嘘の情報を入力してしまうと審査に落ちるだけではなく、結果が出るまでにも時間がかかってしまいます。

 

もし間違いだとしても心証が悪くなり限度額を下げられてしまう可能性もあるのです。

 

「できるだけ大きい金額を借りたいから収入を大きくしよう」と思っても、信用調査などでバレるリスクも考えて嘘になってしまう申し込みは避けましょう。

アコムへの返済は5種類の方法と2つの支払いサイクルがある

アコムは5つの返済方法があり、カードを利用するほか銀行口座からの引き落としなども選べます。

 

基本的な方法のほかに独自の期日もあるため正しく把握しておかないと延滞などの原因にもなります。

 

返しやすい方法を選ぶようにし、延滞などの金融事故を起こさないようにしましょう。

 

アコムで取り扱っている返済方法

返済方法 特徴 ポイント
インターネット 24時間・土日可・手数料無料

24時間いつでもスマホやパソコンから手続き可能です。

 

Pay-easy(ペイジー)を使う決済方法でインターネットバンキングを活用します。一部対応していない銀行もあるので要確認です。

自動引落 手数料無料

毎月6日が引き落とし日となります。6日が休業日の場合は翌営業日が引き落とし日です。

 

引き落とし名義はアコムではなくSMBC自払またはSMBC(ACサービス)です。

 

登録から自動引き落としの開始まで2~3ヶ月かかります。

振込 自分の口座が不要

アコム指定の口座へ自分で振り込みます。

 

ただし振込手数料が必要なこと、振込の時間によっては翌営業日扱いになる場合があるので期日と時間には気を付けてください。

ATM 24時間・土日可

アコムATM、提携ATMどちらも方法は同じです。

 

設置している店舗によってATMの稼働時間が違うので事前に確認しておきましょう。

アコム店舗 相談可・手数料無料

アコム店舗で直接返済します。その際、金額の見直しや分からないことを相談できます。

 

平日9:30~18:00のみの営業であること、全国の有人店舗数は少ないのが難点です。

 

アコムの返済対応時間一覧表

インターネット 銀行引落 振込 アコムATM 提携ATM 有人店舗
WEBで手続き
土日対応
来店不要
24時間対応
相談可能
手数料0円

※店舗やATMは、一部時間が異なりますので必ず確認してください

 

手軽なのはATMでアコムのカードを使う方法です。

 

インターネットからや自動引落も便利ですが金融機関の登録などが必要になります。

 

アコムの返済期日は借り入れ方法や契約内容によって35日ごとか毎月払いのふたつがあります。

 

また、返済日によっては追加で返す分の取り扱いも変わってくるので間違いのないようにしてください。

 

35日ごとの返済

35日ごとをすることを選んだ人は、最後に返済した翌日から数えて35日後が次の返済日になります。

メリット35日以内ならいつでも良いので自分のペースで返済ができる

期日内であれば資金ができたときに返せますし、次回の返済日まで1ヶ月以上の余裕を作れます。

デメリット
  • 次の返済日を忘れやすい
  • 口座引き落としには対応していない

35日ごとに返済日が来るため、各回の日が定まっていません。そのため、返済日を忘れてしまうこともあるでしょう。

 

また、口座振替に対応していないため、少々面倒なところもあります。

 

クレジット(ACマスターカード)の場合

新規利用分を毎月20日で締切り、翌月7日から数えて35日以内が第1回目の返済日です。2回目以降は支払をした日の翌日から数えて35日以内が返済日となります。

 

毎月払いの場合

月々の返済日を自分の好きな日に指定できます。給料日に合わせて自由に設定することもできます。

メリット
  • 給料日後などに設定しておくなどサイクルを作りやすい
  • 返済日の14日前までなら事前返済となる

※返済期日より15日以上前に返済すると、前月の追加入金扱いとなり期日は変わりません

 

35日ごとの返済に比べて管理がしやすいでしょう。

 

余裕があるときに事前返済するのも利息を減らす上で便利なポイントです。

デメリット口座振替は20日しか選択できない

口座振替(口座引落)の場合は、毎月20日締めの翌月6日返済で固定になりますので注意をしてください。

アコムのよくある質問
アコムの金利は低い?高い?

アコムの最高金利は18.0%です。プロミスは17.8%ですが、その他の同業他社は18.0%が多いです。

いくらまで借りられる?

限度額は800万円ですが、法律上年収の3分の1までが上限です。

怖い借金取りに追われたりしない?

万が一延滞が続いても法律に則った対応なので乱暴なことは絶対にありません。

借金地獄に陥りそう…

金利に多少の差はありますが、返済ルールや延滞時にかかる「遅延損害金」は銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングもほぼ同じです。

 

どこで借りても延滞が続けば借金は増えていきます。


\ アルバイトでも申込可能 /

今すぐお申し込み

申込み入力は15分あれば完了です

監修者:滝口誠
ファイナンシャル・プランニング技能士 / 日本証券外務員一種 / 日本証券外務員内部管理責任者

※本記事はサービス・商品等の情報提供を目的としており、契約の斡旋、売買の推奨、代理契約等を行うものではありません。
※本記事は可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※キャンペーン、ローン内容、各種商品に関する最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
※本記事に掲載する商品、サービス等に関するご質問は企業へ直接お問い合わせください。
※本記事に掲載の企業とお客様での契約に関しいかなる関与もいたしません。