アコムの悪いところと良いところとは?アコムはやばいのか同業他社とも比較検証

更新日:2021年09月17日

アコムの悪いところ良いところ

目次
悪いところ いいところ
  • 金利がプロミスよりも高い
  • 収入がない人は借りられない(専業主婦・主夫やアルバイトをしていない学生)
  • 融資の限度額が銀行カードローンよりも低い
  • 最低金利が低い
  • アコムの審査スピードは速い
  • 土日でも即日融資可能
  • 30日間無利息サービスがある

まずはアコムの悪いところから見ていきましょう。

 

アコムは金利がプロミスより高いことです。

 

プロミスの上限金利17.8%の対し、上限金利は18.0%になっています。

 

さらに銀行カードローンからと比べても高くなりますが、アコムはカードローン専業の会社なので仕方がない部分でもあります。

なお同じ消費者金融で最も上限金利が低いのはプロミスの17.8%です。

 

しかしわずか0.2%の差なので、ほとんど違いがないと考えてください。

銀行系カードローンは上限金利がだいた15%ですからアコムの金利と3%違います。

金利差だけ見ると気持ちは銀行カードローンに傾いてしまうかもしれません。

 

しかし銀行カードローンは社会問題化したことも受け審査がより厳しいので、金利で選ぶか借りやすさで選ぶかの判断が必要です。

【引用】日本経済新聞

 

銀行、個人即日融資を停止

 

国内の銀行各行はカードローンなど新規の個人向け融資で審査を厳しくする。

 

警察庁のデータベース(DB)への照会で審査に時間をかけ、即日の融資を停止する。家族らの申し出で貸し付けを自粛することも検討。

 

銀行カードローンは利便性の高さを売りに急膨張してきたが、過剰貸し付けとの批判もあった。

このように銀行は審査が厳しくなって即日融資ができないなどのデメリットがあります。

 

金利を見ると銀行カードローンは魅力的ですが、急いでいるときなどは思ったように借りる事ができないことも起きてしまうんです。

 

そこで大手消費者金融各社の金利を比較してみました。


\ アルバイトでも申込可能 /

今すぐお申し込み

申込み入力は15分あれば完了です

アコムの悪いところとは?アコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットの金利比較

アコムと他社の金利比較

消費者金融のなかでも大手と言われる4社の金利を比較してみました。

 

プロミスだけが金利3.0%~17.8%で、他の消費者金融は3.0%~18.0%ですね。

会社名 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

アコムはカードローンの他に「おまとめローン」も金融商品として扱っており、そのおまとめローンの上限金利も18.0%です。

 

ちなみにアコムから借り入れできる金額が100万円以上になると、貸金業法により金利は15%まで下がります。

 

15%なら銀行系カードローンの通常金利よりも少し高い程度になりますが、100万円借りる人はそう多くはないので現実的ではありません。

 

次に気になる最低金利についても見てみましょう。

アコムの最低金利は業界内でもっとも低金利の3%

アコムと他社の金利比較

アコムの金利は最低3.0%~となっており、アイフルやSMBCモビットと並んぶ低金利です。

 

しかし、この最低金利は大変魅力的ですが、残念ながら金利3%という低金利の恩恵を受けることはまずありません。

 

金利は借り入れ金額が大きくなるほど下がる傾向にあります。

 

ですから最大貸付金額である800万円を借りる人くらいでないと、3.0%という低金利でアコムから借り入れるのは難しいのです。

800万円を18%で貸し付けるのは違法(貸金業法)になるのでアコムで借り入れできる額が上がるほど金利は下がる仕組みです。

ですから法律でも規制しつつ金利を下げてきます。

 

アコムでは金額別で適用される金利が変わるので以下を参考にしてください。

 

適用金利
借入限度額 適用される金利
1万~99万円 7.7%~18.0%
100万~300万円 7.7%~15.0%
301万~500万円 4.7%~7.7%
501万~800万円 3.0%~4.7%

表記されている金利は◯%~◯%と幅をもたせてありますが、実際はアコムの借り入れ実績や信用度の観点から高い方の金利になるのが一般的です。

初めてアコムから20万円借りる…というときは、ほぼ18.0%の金利になると考えて間違いないでしょう。(他社も同様です)

また借入額に対し3倍の年収を必要とする総量規制という法律によって、800万円借りるには2,400万円の年収がないといけません。

 

どうしても金利が気になるという方は、30日間金利0円サービスを上手に使って利息の支払額を大きく減らしましょう。

 

続いてアコムには金利以外にも悪いところがありますので確認していきます。

収入がない方は借りられない

アコムでは専業主婦や無職の方など、収入のない方は申し込みできません。

 

消費者金融は総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか貸し付けてはいけないという決まりがあります。

 

したがって、収入が0円の方は借りることができないのです。

総量規制は消費者金融すべてに適用されます。

専業主婦は申し込めない

専業主婦は収入がないため、申し込み条件を満たしません。

 

そのため、アコムを始め消費者金融のカードローンは申し込むことができないことになります。

 

どうしても審査を受けたいのであれば、まずはパートやアルバイトなどをして毎月お給料をもらっているという状況を作ってください。

 

安定した収入があると認められれば、審査に通りやすくなります。

 

内職でもいいので、収入を得ていれば申し込みは可能となります。

学生なら収入があることが条件に

アコムは学生であっても、20歳以上であれば申し込むことができます。

 

ただし、「安定した収入」があることも条件となっているため、アルバイトをして毎月お給料をもらっている必要があります。

 

さらに、毎月など定期的に収入があることが大切で、例えば単発のアルバイトをときどきしているだけでは、安定した収入があるとは判断してもらえないため注意してください。

年金生活者はプラスαの収入があることが必須条件

年金生活者も審査に通ればもちろんアコムで借り入れできますが、年金以外に安定した収入がある方が審査対象者です。

 

年金は安定した収入とは判断していないため、それ以外の収入があることが審査では必須条件です。

 

安定した収入とは次のようなものです。

  • 会社からのお給料
  • 不動産収入
  • 事業収入

ここまで、申し込みを制限されることについて説明してきましたが、アコムで借り入れする上では「融資限度額」についても気になりますよね。

 

次からはアコムの融資限度額の良しあしについて見ていきましょう。

高額融資は銀行系カードローンに劣る

アコムの融資限度額は、800万円までとなっています。

他の大手消費者金融ではどうなのかが気になりますが、アイフルやSMBCモビットでも800万円、プロミスが500万円となっており同水準と言えます。

 

【※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要】

しかし、これらは飽くまでも融資限度額であって、希望すれば貸してくれる金額ではありません。

 

実際の融資額は審査によって決められますし、限度額は年収の3分の1までとなる規制もあります。

 

一方、銀行系カードローンの場合は、融資限度額が1,000万円を超えるところもある上に、総量規制の影響を受けないため、理論上は年収の3分の1に制限されることなくお金を借りることができます。

 

このことより、高額融資を希望している場合は、消費者金融よりも銀行系カードローンは希望額に近い融資を受けられる可能性が高いです。

 

しかし、近年銀行も年収の3分の1を超える貸付けを自粛している傾向にありますので、年収に見合わない借入れはできないと考えてください。


\ アルバイトでも申込可能 /

今すぐお申し込み

申込み入力は15分あれば完了です

アコムの良いところは?借入までが早いし金利を大幅に下げる正攻法

アコムの良いところ

アコムの良いところは、審査時間のスピードがとにかく速い。
本当に最短30分で審査結果が出るから安心して申し込めます。

 

アコムは大手銀行の保証業務も行っているので審査能力も高く総利用者数も1,000万人以上。

 

申込数も多いときには一日に1,400人を超えるので毎日見慣れた光景なのでしょう。

 

お金を借りるのが初めてで、いますぐ借り入れたい人に支持される理由です。

アコムは土日も即日融資が可能

銀行のカードローンでは土曜や日曜に契約することは出来ません。

 

しかしアコムは休日でも審査を行っているので土日関係なくお金を借りることができます。

 

審査は9:00~21:00と長い時間受け付けてくれるのも良いところですよね!

自動契約機(むじんくん)を使う必要がありますが、申し込みをするとその場でカードが発行され、ATMも併設しているので土日でも即日融資を受けることができます。

アコムは24時間いつでも振込融資できますが、三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・楽天銀行以外は翌営業日になってしまいます。

 

審査にかかる時間は土日でも関係なく最短30分ですから、急な出費にも対応できます。

30日間金利0円サービスで金利を大きく下げよう!

はじめて申し込みする方には「30日間金利0円サービス」が適用されます。

 

金利0円の期間中に返済した分は金利が0円。

 

それ以降は残った元金に対して金利が発生していきます。

30日間の金利0円期間のうちに全額を返してしまえば金利は0円ですし、半分返してしまえば実質的に支払う金利総額は約半分になります。

最初のうちに返済した金額によって、金利の支払額も大きく変わってきます。

 

ちなみに返済期日は次の3通りがあります。

  1. 毎月6日に口座引き落とし
  2. 毎月一定日を指定する「毎月指定期日」
  3. 返済日の翌日から35日後が返済日になる「35日ごと」

返済のしやすさからだと②の毎月指定期日で好きな日を返済日にしたり、返済忘れを防ぐために①の口座引き落としを選びたくなります。

 

③の「35日ごと」返済は返済日を忘れやすい反面、自分の都合に合わせて返済できます。すでに口座引き落としや毎月指定期日を選んでしまった場合でも途中から変更できますので、早めに変更することをおすすめします。

アコムのクレジットカードはカードローンと併用して使えて即日発行可能

アコムはCMの影響からカードローンだけの会社だと思っている人が多いと思います。

 

しかし、カードローンだけでなく、ACマスターカード」というクレジットカード機能を備えたカードローンも提供しています。

 

ACマスターカードは、クレジットカード機能とカードローン機能を搭載しているので、一枚で二役をこなすスグレモノです。

 

まだクレジットカードを持っていないという人は、カードローンではなくクレジットカードの申し込みも検討してみましょう。

 

ACマスターカードの基本スペック
限度額 10万円~300万円 ※300万円はショッピング枠利用時の限度額
手数料率/実質年率 10.00~14.6% ※ショッピング枠ご利用時
年会費 無料
発行にかかる時間 最短即日発行
特典 毎月利用金額の0.25%をキャッシュバック

なお、一般的なクレジットカードとACマスターカードには、大きな相違点がありますので注意をしてください。

 

一般的なクレジットカードの上限金額は、クレジット(ショッピング枠)の上限よりキャッシングの上限が高くなることはありません。

 

しかし、ACマスターカードは、カードローンにショッピング機能が付いたカードになります。

 

そのため、カードローンの契約ができないと、クレジットカードの契約もできません。

 

上限額はカードローン(キャッシング枠)の上限と、クレジット(ショッピング枠)の上限の高い方となります。

例えば、カードローンが20万円、クレジットが30万円の上限となっている場合、クレジットカードの上限は30万円となります。

 

仮に、ショッピングで25万円分の枠を使ってしまうと、残りは5万円です。

確かにカードローンの限度額は20万円ですが、カードの上限が30万円のためキャッシングは5万円までしかできません。

 

キャッシング20万円とショッピング30万円が別々の枠として設定されているのではなく、合計で30万円までしか利用できないので気を付けましょう。

ACマスターカードも即日発行可能です。

ACマスターカードも、カードローンと同じスピード審査が行われるので、最短即日でカードを持つことができます。

 

即日発行のクレジットカードは他社では見られません。

 

ただし、「カードローンの審査に落ちたけど、クレジットカードの審査なら通るかもしれない。」という期待は持たない方がいいでしょう。

 

同じ会社が審査を行っている以上、クレジットカードに申し込んでもキャッシングの審査に通過することはないと言えます。


\ アルバイトでも申込可能 /

今すぐお申し込み

申込み入力は15分あれば完了です

アコムの恐ろしさはどうして感じる?カードローンって危ない?その理由とは

カードローンの専門業者には過去の消費者金融のような薄暗く安心できないというイメージを持つ方も多いと思います。

 

アコムはそういった消費者金融の中にありながら、テレビやインターネットで流れているCMや起用されているタレントの効果で非常に明るいイメージを維持している企業です。

 

しかし、それでも怖いイメージが払拭されるわけではなく、疑いの気持ちで見てしまうことも当然あると思います。

 

カードローンに対して「怖い」と思う要因は主に2つあります。

  • 延滞したときの取り立てが怖い
  • 法外な利息を請求される

アコムはカードローンを専門に展開している金融企業の中でも最大手と言える非常に大きな企業です。

 

国内有数の大手金融グループなので、当たり前の話ですが法令は100%遵守します。

怖いお兄さんによる取り立ては違法なのでありえない

テレビなどでよく見かける「支払えなくなったら怖い人たちが押し寄せてきて脅される…」などと言った行為は、違法である上にアコム側としても効率的ではありません。

アコムの取りたては怖い

さらにそのようなことがあったら親会社である、三菱UFJフィナンシャル・グループにも甚大なる被害が出ることは想像できます。

 

当然のことながら支払いが遅れればそれなりの連絡はありますが、それでも支払いがされない場合や悪質と判断されたときには法律に基づいて処理されます。

 

延滞時には20.0%が適用されることが多いがそれ以上はない

支払いが遅れたりすると膨大な請求をされると思われがちですが、あくまでも遅延損害金の利率は20.0%厳守です。

アコム遅延損害金

支払いに支払いが重なってしまうことで大きな金額を請求されているだけなのです。

 

また、銀行系のカードローンでも遅延に対する金利は約20%のところが多くなっています。

利息の仕組みは銀行と変わらないので怖がる必要はない

利息に関わる金利の上限は借り入れる金額によって以下のように貸金業法で定められています。

 

アコム以外の大手消費者金融のカードローンも、ほぼ上限が18.0%です。

アコム上限金利

法を無視するような業者であれば、テレビCMなど行いません。

 

アコムのような大手で法令を無視して処罰を受けることになれば大変な問題になってしまうからです。

 

金利についての不安はつきまといますが「利息ばっかり払って元金が減らない」と思うのは、リボ払いという返済システムによるものなのです。

 

しかもこのリボ払いというのは大手銀行でも採用しており、どこで借りても結局は似たような返済方法になってきます。

 

返済が負担にならなように細く長く返済するような仕組みではありますが、利息は日数計算なのでなかなか減っていかないということになります。

 

ですからできるだけ短期間で返してしまうのが利息を減らす唯一の方法です。

アコムが安心な理由は親会社が三菱UFJフィナンシャル・グループであること

2004年から三菱UFJフィナンシャル・グループと提携を行い子会社化されています。

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社として三菱UFJの印象を悪くしないよう、非常に厳しい経営管理を行うようになりました。

組織を構成している主な企業としては

  • 三菱UFJ銀行
  • 三菱UFJ信託銀行
  • 三菱UFJ証券ホールディングス
  • 三菱UFJリース
  • 三菱UFJニコス

などが中心となっており、それぞれが金融業界の中で大きな力を持つ企業となっています。

アコムのグループ会社

三菱UFJフィナンシャル・グループの基本理念を守るために欠かすことのできない経営管理体制に注力しているため信頼を置いて長く付き合える企業であるということがわかります。

アコムへの返済は5種類の方法と2つの支払いサイクルがある

基本的な返済方法のほかに独自の返済期日もあるため正しく把握しておかないと返済遅れなどの原因にもなります。

 

アコムは5つの返済方法があり、カードを利用しての返済のほか銀行口座からの引き落としなども選べます。

 

返しやすい方法を選ぶようにし、延滞などの金融事故を起こさないようにしましょう。

 

アコムで取り扱っている返済方法

返済方法 特徴 ポイント
インターネット 24時間・土日可・手数料無料

24時間いつでもスマホやパソコンから返済の手続きが可能です。

 

Pay-easy(ペイジー)を使う決済方法でインターネットバンキングを活用します。一部対応していない銀行もあるので要確認です。

自動引落 手数料無料

毎月6日が引き落とし日となります。6日が休業日の場合は翌営業日が引き落とし日です。

 

引き落とし名義はアコムではなくSMBC自払またはSMBC(ACサービス)です。

 

登録から自動引き落としの開始まで2~3ヶ月かかります。

振込 自分の口座が不要

アコム指定の口座へ自分で振り込みます。

 

ただし振込手数料が必要なこと、振込の時間によっては翌営業日扱いになる場合があるので期日と時間には気を付けてください。

ATM 24時間・土日可

アコムATM、提携ATMどちらも方法は同じです。

 

設置している店舗によってATMの稼働時間が違うので事前に確認しておきましょう。

アコム店舗 相談可・手数料無料

アコム店舗で直接返済します。その際返済額の見直しや分からないことを相談できます。

 

平日9:30~18:00のみの営業であること、全国の有人店舗数は少ないのが難点です。

 

アコムの返済対応時間一覧表

インターネット返済 銀行引落 振込 アコムATM 提携ATM 有人店舗
WEBで手続き
土日対応
来店不要
24時間対応
相談可能
手数料0円

※店舗やATMは、一部時間が異なりますので必ず確認してください

 

返済で手軽なのはアコムカードを使ったATM返済です。

 

インターネット返済や自動引落も便利ですが金融機関の登録などが必要になります。

返済日は35日ごとか毎月払いから選択する

アコムの返済期日は借入方法や契約内容によってふたつの返済日があります。

 

また、返済日によっては追加返済分の取り扱いも変わってくるので間違いのないようにしてください。

 

35日ごとの返済

35日ごとに返済をすることを選んだ人は、最後に返済した翌日から数えて35日後が次の返済日になります。

メリット35日以内ならいつでも良いので自分のペースで返済ができる

期日内であれば返済の資金ができたときに返せますし、次回の返済日まで1ヶ月以上の余裕を作れます。

デメリット
  • 次の返済日を忘れやすい
  • 口座引き落としには対応していない

35日ごとに返済日が来るため、返済各回の日が定まっていません。そのため、返済日を忘れてしまうこともあるでしょう。

 

また、口座振替に対応していないため、返済に少々面倒なところもあります。

 

クレジット(ACマスターカード)の場合

新規利用分を毎月20日で締切り、翌月7日から数えて35日以内が第1回目の返済日です。2回目以降は支払をした日の翌日から数えて35日以内が返済日となります。

 

毎月払返済の場合

月々の返済日を自分の好きな日に指定できます。給料日に合わせて自由に設定することもできます。

メリット
  • 給料日後などに設定しておくなど返済サイクルを作りやすい
  • 返済日の14日前までなら事前返済となる

※返済期日より15日以上前に返済すると、前月の追加入金扱いとなり返済期日は変わりません

 

35日ごとの返済に比べて返済の管理がしやすいでしょう。

 

余裕があるときに事前返済するのも利息を減らす上で便利なポイントです。

デメリット口座振替は20日の返済しか選択できない

口座振替(口座引落)の場合は、毎月20日締めの翌月6日返済で固定になりますので注意をしてください。

アコムの評判は?口コミからわかるアコムに向いている人・いない人とは

アコムのクチコミと失敗談

これから申し込もうとしている人や、数あるカードローンの中からどれを選べばいいのか迷っている人は、アコムの評判が気になるものです。

 

口コミを見ていくと、アコムに向いている人・向いていない人がおのずと見えてきますので、そちらも詳しく紹介していきますね。

評判はあくまでも参考までにし、実際のアコムのサービス内容もしっかり確認しましょう。

アコムの肯定的な口コミは利便性についてが多い

知名度があるので安心

肯定的な口コミで目立つのは、「知名度があるので安心」というものです。

 

誰でも知っているので、「はじめて借りるならアコム」というイメージもあります。

 

また、無名の業者は「闇金かもしれない」という不安があるので、やはり安心感は大切です。

即日融資を受けられて助かった

申し込んだその日にお金を借りることができた点も評価されています。

 

急にお金が必要になる可能性は誰にでもあるものです。

 

お金の悩みは大きなストレスになるので、即日融資で解決するメリットはうれしいですね。

無利息サービスがうれしかった

やはりお金を借りる以上、「金利」が幾つに設定されているのかは重要なポイントです。

 

30日以内に完済すれば利息0円なのですから、借り入れや返済の仕方次第では銀行カードローンよりもお得です。

 

お金に困っているからお金を借りるわけですから、利息などの余計な出費を減らせる無利息サービスは見逃せません。

簡単に申し込みができた

新規申し込みが簡単という使いやすさについての評判もあります。

 

アコムには、自動契約機やWebからといった申し込み方法はもちろんのこと、スマホだけで申し込みを済ませるスマホ完結もあります。

 

来店することなくいつでもどこでも申し込めるのは魅力的です。


\ アルバイトでも申込可能 /

今すぐお申し込み

申込み入力は15分あれば完了です

アコムの否定的な口コミは金利や金額に関することが中心

どれだけ知名度の高いアコムであっても、やはり肯定的な口コミばかりではありません。

 

しっかりと否定的な口コミも確認した上でアコムに申し込むかどうかを決めてください。

銀行よりも金利が高い

アコムに限ったことではありませんが、消費者金融のカードローンは銀行カードローンに比べて金利が高いです。

 

しかし、少しでも早く完済することや、あとから銀行カードローンで借り換えるなどをすれば金利の高さをカバーできます。

在籍確認があって困った

とはいえ、在籍確認をしない金融機関はないので、この否定的な口コミはアコムだけに関したものではないと言えます。

 

なお、金融機関によっては在籍確認を電話ではなく書類で行ってくれるケースがあります。

 

どうしても在籍確認の電話を避けたい人はアコム以外を検討しましょう。

 

またアコムの在籍確認は免除できる?電話の流れと審査への影響も徹底解説も参考にしてください。

初回契約や借入限度額が低めだった

確かに借入限度額が予定していたものより低いとがっかりするかも知れません。

 

しかし、はじめて申し込んで来た人に、最初から高額貸付けをする金融機関はほぼありません。

 

限度額を大きくしたいのであれば、利用実績を積んでアコムからの「信用」を得るしかないのです。

総量規制内の額しか借りられなかった

消費者金融は貸金業法を遵守して営業しているため、「総量規制」の影響を受けます。

 

そのため、年収の3分の1までしか借りることができませんが、これはほかの消費者金融でも同じです。

 

なお、銀行カードローンであれば総量規制の影響は受けませんが、最近は銀行も年収の3分の1以上の貸付けを自粛する傾向にありますので、それ以上を借りるのは難しいと言えます。

アコムと契約後に突然借り入れできなくなったという口コミがある

アコムの口コミを調べていると、急に借り入れできなくなったという口コミも見つかります。

 

限度額までなら何度でもアコムで借り入れできるのに、急に利用できなくなったらその価値が半減してしまいます。

 

確かに急に使えなくなってしまうのは次のような理由があります。

  • 返済の遅延、延滞
  • 総量規制近い借り入れ
  • 他社の利用限度枠の増額
  • 退職や転職で収入が減った
  • 提出を求められても収入証明書を出さなかった

借り入れできなくなる主な原因は、返済延滞、総量規制に抵触、収入減少といったことが多いです。

アコムが利用停止になったらカードローンデスクに相談する

先ほど紹介した原因のいずれかで利用停止になったとしても、しっかりと対処すれば元の状態に戻ります。

 

対処法は、コールセンターに電話をすることです。

 

既に会員の人の電話番号は、以下の通りです。

アコム総合カードローンデスク

TEL:0120-629-215

受付窓口:平日9:00~18:00

返済が遅れているのであれば、いつまでに返済可能かを申告するなどの対応をしてください。

 

また、何が原因なのかわからないときには、個人信用情報の開示請求をするのもひとつの方法です。

アコムが加盟している個人信用情報機関は、日本信用情報機構シー・アイ・シーです。

なお、信用情報機関は3つありますが、情報はシステムで共有されています。

アコムは急いでいる人に向いている

アコムの口コミ・評判から判断して、アコムでの借り入れがおすすめなのは次のような人です。

  • スピード融資を希望している人
  • 他社のローン審査に落ちた人
  • 近くに自動契約機(むじんくん)か店舗がある人
即日融資(最短)を希望している人

アコムで借り入れするメリットのひとつが、即日融資が可能という点です。

 

「すぐにでもお金を借りたい」という人は、アコムの融資を活用してください。

 

金利の低さが魅力の銀行カードローンですが、即日融資には対応しておらず審査にかなり時間がかかります。

 

長いと数週間に及ぶ場合もありますし審査に落ちる可能性も考えると、アコムで直ぐに結果を出してもらったほうがお金を計画的に使えます。

他社のローン審査に落ちた人

他社のローンに落ちてしまった人でも、アコムなら審査に通過できる可能性があります。

 

これはアコムの審査が甘いというわけではなく、審査基準や融資対象者の幅が他社とは違うからです。

 

1社の審査に通過できなかったからと言ってあきらめずに、アコムの審査にも申し込んでみてください。

 

ただし短期間に何度も審査に申し込む行為は控えてください。

 

いわゆる「申込ブラック」と言われる状態になって、審査に通過しにくくなってしまいます。

審査に通過できなかった場合には、最低でも6か月以上の期間を空けてから申し込むようにしてください。

近くに自動契約機(むじんくん)か店舗がある人

アコムを上手に活用したいなら、住まいや職場の近くに自動契約機(むじんくん)か店舗があると便利です。

 

アコムの自動契約機(むじんくん)の使い方はタッチパネルで操作するので難しくありません。

 

新規契約時にローンカードをすぐに受けとることができますし、アコムATMなら手数料無料で利用できます。

アコムが向かないのは専業主婦や金利に不安のある方

次に紹介するような特徴に当てはまる人は、アコム以外の金融業者で借り入れすることをおすすめします。

  • パートをしていない専業主婦
  • 返済の金利を抑えたい人
パートをしていない専業主婦

アコムの審査を受けられるのは申込者本人に収入がある人だけです。

 

パートやアルバイトなどをしておらず、全く収入がない専業主婦や専業主夫は、申し込むことができないので他社での借り入れを検討してください。

 

具体的には、配偶主貸付を認めている金融機関ということになります。

 

ただし、配偶者貸付が可能な金融機関は少ないので、選択肢はぐっと減ってしまいます。

 

また、収入がある配偶者の同意がなければお金を借りることができないので、内緒でカードローンを利用することはできません。

返済の金利を抑えたい人

30日間の無利息期間があるとは言っても、消費者金融カードローンの金利は決して低くはありません。

 

短期間で返済する場合には無利息期間のある消費者金融は金利が低い可能性もありますが、少しでも金利を抑えたい人にはアコムは向いていないと言えます。

 

審査に時間はかかってしまいますが、銀行カードローンなどの金利の低いものを選ぶようにしてください。


\ アルバイトでも申込可能 /

今すぐお申し込み

申込み入力は15分あれば完了です

その他のアコムの審査や即日振込みの口コミを紹介

友人の結婚式が続き生活費にその月は困っていました。

 

お金を借りる事が出来る人もおらず困ってしまい、どこかでお金を借りれないか悩んだ末に、アコムにお金の借り入れを申し込みました。

 

アコムは大手なので安心して借り入れできる事と、30日間無利息期間がありこの期間に返済出来れば元金だけで済むので決めました。

 

しかし当時私はパートだったので申し込みはしたものの審査に通過出来るのかそこが心配でしたが「審査はあと仕事先への在籍確認だけです」という連絡が入りました。

 

職場への在籍確認がある事を知らなかった私は、慌てて担当者の人に職場に電話されるのは抵抗感がある事を伝えました。

 

すると担当者の人が個人名で電話をするのでアコムからだと分かる事はないから心配ないとう説明を受けました。

 

正直在籍確認には抵抗感がありましたが、個人名で電話を掛けるのなら大丈夫だろうと思い納得しました。

 

その後、在籍確認が取れ審査に通過したという連絡がありました。

 

あとで知ったのですが審査に通らないのは年齢が60歳以上で収入が少ない人や、収入が安定していなかったり他社から多くのお金を借りていたりブラックリストに載っている人が審査には通らないようです。

 

申し込みをする前に審査の基準を調べる事も大切なようです。

 

私はインターネットから申し込んだのでその後にアコムのカードが送られて来てコンビニからお金を借りる事が出来ました。

 

おかげでその月無事に生活する事ができ、パートの数を増やして何とか30日以内に返済する事が出来ました。

 

30日間無利子の期間に返済する事が出来たので、元金だけの返済で済ませる事が出来ました。

 

今回カードローンで初めて借り入れしましたが、お金に困った時に自分で返済できる範囲で借り入れするなら、他人にも迷惑を掛けずとても便利なものだと感じました。

アコムを申し込んだきっかけはただ単にお金を借りるためで、本人確認書類として運転免許証と申込書を添えて自動契約機から申し込みました。

 

審査にかかる時間は比較的短く、30分ほどで携帯電話の方に利用できないことを伝えられて現実は甘くないと実感したものです。

 

申し込みをした時の状況はクレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまい、お金が足りないために何とかしたいために考えました。

 

審査の結果はただ単に使えないことを伝えられるだけで、後にネットで調べると総量規制が原因だと分かり安易に考えないように決めたものです。

 

選んだ理由はアルバイトでも定期的な収入があれば審査を受けられることを知ったためで、パートの収入では金銭的に余裕がなかったために申し込みました。

 

審査結果はすぐに出たために便利ですが、申し込み手続きをしてから申込書に記入してある内容を再確認されて緊張したものです。

 

審査に通らなかったことを聞かされた時はショックでしたが、後に振り返ると金銭感覚が麻痺する危険性があったためいいきっかけになりました。

 

アコムの審査を受けて通らなかった時はお金を借りることは簡単ではないことを認識し、ネットで調べても同じような境遇の口コミがあり参考になりました。

 

お金を借りる時はそれ相応の責任を持つことが重要で、条件を満たしていないと借りれないため甘く考えないように心に決めたものです。

 

審査に落ちたあとはお金を借りないようにすることを心がけ、収入の範囲内でやりくりすることにしました。

どうしてもお金が必要だった訳ではありません。

 

仕事もしており定期的な収入もあります。その時はあくまで急に友人と旅行に行くことになり、10万円程度借りられたらな…と考えただけなのです。

 

前にお金に困った友人がアコムで簡単に借りられていたのを覚えていたので、私もお願いしてみることにしたのです。

 

今は申し込みもスマホで行えるようなので、早速申し込みを行ってみたのです。申し込みは数分でできました。

 

しばらくするとアコムの担当者から電話があり、証明書類などを送って欲しいとの内容でした。スマホで免許証を撮影してアップロードしてもよいとの話しだったので、早速行うことにしました。

 

手続きは終了して審査となるのですが、ここで思いもしない状況になったのです。

 

「申し訳ありませんが、今回のご融資はいたしかねます…」これが、審査結果です。

 

私は特に借金もなく、今まで迷惑をかけた経験もありません。

 

どうしてこのような事になったのか聞いてみたのですが、答えてはくれませんでした。

 

翌日友人にこのことを相談したのですが、友人も頭をかしげるばかりで原因は想像すらできない状態です。それから暫く経って銀行に勤めている友人に同じことを聞いてみると、思いがけない真実が見えてきたのです。

 

それは>携帯電話の滞納が原因かもしれないとの話でした。

 

確かに数ヶ月前にスマホの支払いを滞納してしまいました。これはお金が無かったのではなく、海外出張で2ヶ月間留守をした時に、口座をカラにしてしまったのが原因です。

 

しかしこれが借金の滞納と同じ扱いになってブラックリストに入れられた可能性が高かったそうです。

 

スマホ料金の支払いでブラック行きとは、思いもよらない原因でした。

POINT高額なスマホは分割で買うことが主流になっていますが、通常のローンと同じように審査をしています。

 

電話料金と一緒に支払うので軽視しがちですがこれは返済にあたるので注意しましょう。(こんな通知が来たら要注意!)

NTT支払通知

私が初めてカードローンの借り入れしたのはアコムで、何が必要でどういうことをきかれるか不安でネットからのもうし込みでなく自動契約機(むじんくん)にいったのです。

 

持ち物は免許証など身分証明書のみであり、免許証を片手に町はずれの自動契約機(むじんくん)に行きました。

 

不安を抱えて自動契約機(むじんくん)にはいればスピーカーからオペレーターの女性の声が聞こえて、借入時の注意点や金利・返済法などについて説明してくれます。

 

契約機の中も空調が効き快適で、注意事項説明が終われば手続き用の機械から申込書が出てきました。

アコム店内写真

例:自動契約機(むじんくん)

 

自動契約機(むじんくん)の中でモニター・スピーカーやペンがあって申込書が出てきたらモニターに書き方が表示。

 

これを記入すると次は本人確認で、持参した免許証など身分証を機械にセットして待つのみ。

 

審査は15分ぐらいでしたが、通るかどうか不安から長く感じられました。

 

1か月後はじめの返済日が迫り、近くの駅のATMで返済しました。

 

いくら店舗が多くてもすぐ見つかるのではなく、目立ったところに多くあって次第に人目が気になります。

 

だんだん提携ATM活用するようになり、ここはいろいろなATMと提携して、銀行のATMでも返済可能。

 

私がアコムの借り入れし始めたのは約3年前ですが、今はネット銀行を使い借り入れできるようになってます。

 

今アコム以外もう1社契約していていますが、困った時の対応、ネットキャッシングや返済の使いやすさはアコムが上です。

いざ借りようとしても最近金融機関が増えてまよったりしますが、そうしたとき私が何社か金融機関を利用しカードローンを申し込んでよかったのはアコム。

 

これは初めて金融機関から借りる方は重要なことですが審査スピードが気持ちよあかったです。

 

アコムは審査が最短30分であり、借りるまで最短1時間というのが特におすすめのポイント。

 

審査はありますがパートの人でも安定収入があると借りられます。

 

金融機関によりパートで審査が通らず借りれないところもありますが、アコムは働いて安定した収入があれば気軽に借りられます。

 

そして30日間は金利0円サービスがあって、金利がかからず元金を返すだけでいいです。

 

バレることについても心配で利用明細書が郵送されてくればアコムで借り入れしてることが家族にばれるかもと思ってしまいましたが、これはしっかり考えてくれていてアコムの会員サイトを見ればいいのです。

 

これは契約すると自動的に会員という扱いになるためです。

 

会員サイトでは利用明細のほか、返済日や限度額などの細かい情報も掲載されていますし、そのままネットを通してのインターネット返済も受け付けています。

昨年のことですがカードローンを使用した際に重視して検討したのが、審査や借入までのスピードだったのでアコムを選んでみました。

 

アコムは他の消費者金融でも多く取り入れられているインターネットでの手続きがあり、これを使うと審査や借り入れもできる点があり、口コミなども良かったのでこちらを選びました。

 

今回はおよそ10万円程度の借り入れだったのですが、派遣社員ということでアコムで借り入れできる審査がどうなるかという点は不安がありました。

 

自動契約機(むじんくん)での手続きも考えたのですが、ちょっと遠かったのでそれでインターネットでの手続きと即日振込みを選びました。

 

即日振込みに関しては楽天銀行での振込依頼だと、ほとんど24時間いつでも可能という点が選んだ理由です。

 

申込はとても簡単に終わりましたがアコムの審査時間はやはり長く感じました。

 

家にいたのでそこまで緊張せずに済んだのはいいのですが、大体一時間半ほどで結果の連絡がきて無事に通過したこともありホッとしました。

 

そのまま楽天銀行での即日振込み依頼を出したのですが、こちらの反映はとても速くて10分も掛からないうちに反映されていたのは驚きました。

 

即時反映ということなので、これは流石大手の消費者金融のサービスだなと思いました。

 

やはりこういった点を考えるとアコムはとても便利だと思いました。

 

無利息期間のサービスもあるので10万円程度だと結構助かるのも良い点でした。

昨年の11月にどうしても帰省しなければならなくなり、金欠状態であったため、飛行機チケットはクレジットカードで購入しそれとは別にカードローンでボーナスまで10万円だけ借りることにしました。

 

できるだけ金利が低いものを検討しましたが、無利息サービスなるものを提供している業者があることを聞いていたため、その中から楽天銀行を振込先に使えるアコムに申込むことにしました。

 

申込は休日の日曜日の遅い時間に行いました。ちなみに24時間いつでも申し込めます。

 

ただし、審査は翌日とのことで、月曜日の午前中に勤務先に電話連絡があり、私は会議中であったため電話には出ませんでしたが、契約の手続きというメールが届いていたので契約内容を確認して同意をクリックして契約が完了しました。

 

本人確認書類は、スマートフォンアプリで簡単に送信できます。借入限度額は50万円で適用金利は18%です。

 

借り入れは、帰省前日の金曜日の夜に楽天銀行に10万円振り込んでもらいました。

 

会員ページから振込依頼をすると、ほどなく楽天銀行から入金連絡のメールが届き、確認するとアコムからの振込でした。

 

今回アコムで借り入れしたのは楽天銀行に口座を所有していると24時間365日ほぼリアルタイムでの即日振込みを利用できるためですが、遅い時間でしたが本当に瞬時に振り込まれてきました。

 

返済は、ボーナス支給日に行いました。アコムでは返済もインターネットから返済できます。

 

こちらは、楽天銀行以外でもインターネットバンキングならほとんどの銀行が利用できますが、24時間いつでも手数料無料で返済することができます。

アコムに借り入れの申し込みをした時に落ちました。でも、理由があります。

 

他社からも借金がありました。クレジットカードの支払いもしてます。

 

クレジットカードの支払いを延滞してしまったのが、借り入れの審査に落ちてしまった原因の一つのようです。

 

カードローンもそうですが、支払いの延滞をするとすぐに延滞者リストに入ってしまいます。

 

この延滞者リストは、ほとんどのカード会社が契約時の審査の時に確認してます。

 

リストには約1ヶ月名前が掲載されます。それまでの間は、カードローンの審査には通らないです。

 

アコムの他に、楽天カードや千葉銀行カードローンにも申し込みましたが、審査で落ちました。全て、延滞者リストを参考に審査をしてるからだと考えられます。

 

もう一つの理由もわかりました。

 

仕事が派遣の仕事だったからかと思います。派遣の仕事の場合、急に仕事を辞めて収入が得られなくなる可能性も考えられます。

 

支払いができない人にはお金は貸せません。途中で逃げ出されてしまうことがあるからです。

 

アルバイトの場合も審査に落ちることもあります。

 

必ず審査が通るのはやはり正社員の仕事に就いてる人です。

 

収入は安定してますし、ボーナスもあります。返済の見込みがある人には、審査は通りやすいと思います。

 

クレジットカード会社の支払いやカードローンの支払いは、必ず期日を守るようにしましょう。

 

社会人になると突然大金が必要になることがたくさんあります。

あるとき海外旅行の直後でお金がないといってるにかかわらず、同僚の方が飲みにとさそってきたのです。

 

そして今お金がなくてそうしたときにはカードローンが便利と聞き借りることに。

 

アコムなら即日で借りられて30日間無利息サービスがあるとのこと。

 

そして19時過ぎていて今日借りられるか不安でネットで申し込みし店舗でカード受け取りがいいと聞いたのでスマホからアコムに申し込みました。

 

ネットで入れた情報は名前や住所や年月日、勤務してる会社など。

 

自分の年収、会社の名刺があると簡単に入力できて、5分で作業完了。

 

ネット申し込み後に連絡が来るとのことで時間がもったいなく、こっそり店舗まで移動。

 

普段気にしなかったことがなくて気づかなかったですが店舗は駅地下の繁華街の便利なところに設置されており、その後の連絡は申し込みから約20分後メールできたのです。

 

電話すれば話しやすい愛想いいオペレーターの人が対応してくれて、電話で話した時間は10分ぐらいで申し込みのときネットで入れた内容の確認などがありました。

 

アコムの店舗はATM、自動契約機(むじんくん)があってカード受け取りを自動契約機(むじんくん)で行いました。

 

私が行ったらタイミング悪く先客が自動契約機(むじんくん)の中で契約中で、店舗はATM、自動契約機(むじんくん)がそれぞえ1台ずつしかなく、先客が契約を終えるまで待ちました。

アコム店内写真

例:店舗内写真

 

先客が出てきて時間がないので急いで中へ。そこは2畳程度の広さで自動契約機、シュレッダーなどがある部屋で静かでした。

 

店舗が近くにない時は即日振込でも良かったかもしれません。

引っ越しや急な出費が重なりどうしてもお金が必要になり、いろいろなサイトなどで会社を比較しアコムで借り入れをしようと思いました。

 

しかし審査について不安要素が二つほどありました。その一つが、恥ずかしながら銀行のカードローンでの借り入れがあったことです。

 

もう一つ不安要素は審査をする際私はアルバイトだったことです。

 

それも普通の固定でのアルバイトであれば信用などの点でよかったのかもしれないですがアルバイトの形態として日雇い派遣というものでした。

 

なので収入も安定しているわけではなく、働く現場が固定でもなかったためその点が一番の不安要素でした。

 

アコムの審査の際、用紙に生年月日や住所などと一緒に職業や年収についても記入になければなりません。

 

そして会社への在籍確認の電話があります。しかしそこで不安が的中しました。

 

記入の際登録している派遣会社を書いたのですが在籍確認がとれなかったとのことですごく焦りました。

 

その時私はどうしてもお金が必要だったため、派遣会社に在籍確認の電話があるとの旨を伝えもう一度在籍確認をお願いしたところ何とかアコムでの審査を通過することができました。

 

日雇い派遣などで不安を抱えてる方がいるとは思いますが審査の前に派遣会社へ在籍確認への返答は可能かなど質問しておくこと、在籍確認をする前に伝えておくことが審査通過するために大事なことだと思います。

 

日雇いが悪いというわけではありません。審査で重視されるポイントは返済に必要な収入が確保されているかどうかです。

 

日雇いではない派遣であっても、急に契約を打ち切られたら日雇いと同じです。

有名人がテレビコマーシャルに出演しているということもあり、初めてカードローンを申し込む際にはアコムから借り入れでする事にしました。

 

カードローンに対しては最初不安もありましたが、どうしてもすぐにお金が必要な状況であったため、まずはインターネットでアコムのことを調べてみました。

 

特に店舗へ行く必要が無く、インターネットから簡単に申し込みできるとの記載があったため、あまり手間もかからないと考えネットから審査をしてみました。

 

カードローンの申し込みをした際には、特に他の金融機関から借り入れをしていたわけではなく、過去に何かお金のトラブルを起こした事も無かったため特に審査は問題ないだろうと感じてはいましたが、やはり審査を申請するとなると緊張感が漂い、審査を通過しなかったらどうしようかと考えてしまいました。

 

申し込みは個人の情報から、勤務先の情報、そして収入や雇用形態等、情報を入力していくのですが、ほんの15分程度で入力は完了し、後は免許証と前年度の源泉徴収をデータで添付するだけで審査は完了しました。

 

非常に簡単で、かつ面倒な手間をかける事なく申請が出来たため、スムーズに進める事が出来ました。そしてその日にアコムから電話で審査通過の連絡があり、無事希望通りの額にて審査がおりました。

 

審査の申請から結果の連絡まで、自宅から出ることなく簡潔出来ましたので、不安も解消されお金の問題を解決する事が出来ました。

私はアコムの審査に落ちたことがありますが、その理由は信用機関に登録されている異動情報です。

 

すでに契約しているカードローンで数ヶ月の遅延をしたことがあり、その内容が審査に影響して不合格になったと思っています。

 

基本的にアコムの審査では、合格や不合格の理由を教えてくれません。

 

しかし、他社と同様に審査に影響する情報は大よそ決まっており、年収や他社借入などが重要とされています。

 

信用情報も審査で重要な1つの要素となりますが、信用情報は信用機関に登録されている情報を精査されます。

 

私の場合は長期遅延による異動情報ですが、人によっては債務整理や多重申込などの情報が影響して不合格になることもあります。

 

自分の信用情報に問題があるかどうかは情報開示で確認することができます。信用機関に保存されている情報は永久的なものではないので、不利な情報が保存されている場合でもその情報が抹消されてから申し込めば問題ありません。

 

多重申込の情報なら6ヶ月間保存されますし、内容によって保存期間が異なります。

 

ちなみに申し込みをした場合、規約に書いてあるようにアコムへ申し込んだという事実が信用機関に登録されます。

 

数社で借入を検討する場合など、無駄に他社へ申し込みをして凡ミスから不合格にならないように注意をしておきたいところです。

 

1社ずつ丁寧に申し込みをしていくのが理想であり、申し込むまでに不利な信用情報を残さないように気をつけましょう。

 

信用情報はほぼ全社とも同じ信用機関で情報を共有しています。

 

延滞の他にも申し込みブラックといって複数社に同時申し込みをしても警戒されることがあります。

 

心配なときはまず最初にアコムを申し込むなど慌てずに工夫しましょう。

急な出費があった時や給料日前に予定が入ってしまい出費がかさむということはよくあることです。

 

そんな自分も急に予定が入りお金が必要になったのですが、あいにく給料日前で余裕は全く無い状況でした。

 

そこでのでお金をどうしようかと思いカードローン会社からお金を借りるために何社か調べてみました。

 

そんな中、アコムの審査が早くて申し込みから借り入れできるまでが早いということを知りアコムで借りることにしました。

 

申し込みはネットで24時間対応しているのですぐにネットで申し込みを行いました。

 

夜中に申し込みをしたのですが翌日の朝には電話確認があり、本人確認書類もスマホのカメラで写真を撮って提出することが出来ましたので、スムーズに審査が行われていきました。

 

審査が早く終わってくれたので当日には融資してもらえました。そのおかげで予定も無事に終えることができ非常に助かりました。

 

今まではお金を借りるには審査でもっと時間をかけて行われるイメージがあり、結局借りるまでに日数がかかると思っていたのですが、アコムの審査がこんなに早いとは驚きです。

 

自分は利用してはいないのですが借り入れできるかどうかを年齢、年収、他社カードローンの借入状況の3項目を入力するだけで審査に通るかどうかの目安になる3秒診断というものもあるので、こちらでまず診断してから申し込みを行うのも目安になります。

 

アコムは土日でも審査を受られるので、急な出費でまだアコムに申し込みされていない方には非常に助かるサービスです。

アコムは駅前に自動契約機(むじんくん)があり便利だったのと、初回は30日間金利が無料ということが魅力で選びました。

 

ネットから審査を受けると何となく後回しにされそうな感じがしたので、自動契約機(むじんくん)で申し込みました。

 

口コミで「簡単」と言われていたので気軽に思っていたのですが、規約を読んだりと作業は思いの他頭を使うし面倒臭かったです。

 

オペレーターの指示通りに、色々な作業をするのですが、初めてで緊張してしまい、さっさとできなかった自分が情けないと思いました。

 

審査は確かに早いけれどもしっかりしていて、自動契約機(むじんくん)でも免許証のコピーも必要だし、職場確認もちゃんとしてくれます。

 

平日でしたが混んでいる時間帯なのか、全てが終わるまで小1時間程かかりました。

 

それでも放ったらかしではなく、ちゃんと審査をしてくれていることが分かっている分安心でした。

 

私は当時パートをしていたのですが、所得が少ないのではと不安があり、審査が長引いているのもそのせいなのかと思いました。

 

しかし結果的には10万円の借入限度額が貰えて、その日のうちにカードまで発行して貰えたので良かったと思います。

 

即日融資をしたい人はネットで申し込んでも、結局は自動契約機(むじんくん)でカードを受け取る必要があるので、その場で全て完結できるという点では自動契約機(むじんくん)でも同じだと思います。

 

オペレーターの対応がとても丁寧で親切だったので、ネットで1人で不安を感じながら申し込むよりは、こちらの方がおすすめです。

アコムに借り入れの申し込みをしてすぐに審査結果を知りたいなら自動契約機(むじんくん)がオススメです。

 

この自動契約機はアコムの特徴の1つでもあり、当日に申し込みから審査までを終えることができます。

 

自動契約機(むじんくん)から申し込みをする場合も必要書類はWEBと同じです。身分証明書と金額によっては収入証明書を準備しておけば問題ありません。

 

申し込みを完結してから早ければ30分程度で審査結果が出るので、合否を素早く知れることも魅力です。

 

WEBから申し込みをしておき審査に通ったら自動契約機(むじんくん)で借り入れできます。

 

審査の難易度についてはWEBも自動契約機(むじんくん)も同じです。

 

アコムが定めている審査基準で合否が決定されるため、自動契約機(むじんくん)だから審査が甘くなったり厳しくなったりすることはありません。

 

基本的に審査を通過させるためには銀行や消費者金融など、他社で高額な借金を作らないことが何よりも大切です。

 

他社で借金を作ってしまうと、その借金が審査に影響してしまいます。

 

そのため、数社目としてアコムから借り入れを希望する場合はどうしても審査通過が難しくなります。

高校卒業直後から単身生活を始めました。

 

稼ぎの少ないアルバイトでありながら、浪費癖があったため常に貯金はゼロです。

 

そんななか音楽活動の機材を購入する必要が生じ、電車の中吊り広告を見てアコムで借り入れすることを思いつきました。20歳の誕生日を迎えた直後のことです。

 

ATMのような自動契約機(むじんくん)で契約し、15万円の融資を受けることができました。

 

返済方法は『リボルビング方式』だったため、毎月の利息分を返済すれば、いつまでも借り続けていることができます。

 

なかなか元金を減らすことができず苦労しましたが、数年をかけて完済しました。その後借りたり返したりと便利に利用していました。

 

そして曖昧な記憶ですが27歳頃アコムから電話があり「もしもの時に備えて融資額を増やしませんか?」と提案されました。

 

当時は稼ぎもしっかりしており金銭に困っておりませんでしたが提案通り80万円まで融資枠を広げることにしました。

 

その後自らの銀行口座のようにATMから借り入れを繰り返し満額融資を受けることになってしまいました。

 

現在半分程返済を終えましたが苦労が続いています。気軽に使えるからこそ、慎重に判断してアコムで借り入れすべきだと反省しています。

訳あってパートで働いており、収入は多くありませんが長年乗っていた車が故障し、仕事に支障が出るため直ぐに買い替える必要がありました。

 

しかし手持ちがありませんでしたのでアコムのカードローンを申し込みました。

 

アコムを選んだのはたまたま近くにATMがあったからです。

 

パートでしたのでいくら借りられるか不安でしたが、低くても安定した収入があれば借りられるようで、無事に審査を通過することが出来ました。

 

50万円を超える金額を借りるのでなければ収入証明もいらなかったので、審査もスムーズで午前中に申し込んで午後には口座に振り込まれました。

 

素早い対応で感謝しております。

アコムのよくある質問

アコムの金利は低い?高い?

アコムの最高金利は18.0%です。プロミスは17.8%ですが、その他の同業他社は18.0%が多いです。

いくらまで借りられる?

限度額は800万円ですが、法律上年収の3分の1までが上限です。

怖い借金取りに追われたりしない?

万が一延滞が続いても法律に則った対応なので乱暴なことは絶対にありません。

借金地獄に陥りそう…

金利に多少の差はありますが、返済ルールや延滞時にかかる「遅延損害金」は銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングもほぼ同じです。

 

どこで借りても延滞が続けば借金は増えていきます。

監修者:滝口誠
ファイナンシャル・プランニング技能士 / 日本証券外務員一種 / 日本証券外務員内部管理責任者

※本記事はサービス・商品等の情報提供を目的としており、契約の斡旋、売買の推奨、代理契約等を行うものではありません。
※本記事は可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※キャンペーン、ローン内容、各種商品に関する最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
※本記事に掲載する商品、サービス等に関するご質問は企業へ直接お問い合わせください。
※本記事に掲載の企業とお客様での契約に関しいかなる関与もいたしません。