アコムの自動契約機(むじんくん)の使い方は?借り入れまでの流れと店舗を写真で解説

更新日:2022年01月17日

アコムむじんくんの使い方

 

アコムの自動契約機(むじんくん)は、はじめての方でも使い方がわかるように、大型液晶とタッチパネルで契約をすすめる機械です。

 

アコムの自動契約機(むじんくん)でお金を借りるときの使い方は以下のとおり。

自動契約機(むじんくん)の使い方はとても簡単です。

 

ここでは自動契約機(むじんくん)の使い方や注意点などを、店内の写真を使って詳しく解説していきます。

 

申し込みを迷っている方はぜひ読んでみて下さい。

アコム自動契約機(むじんくん)でお金を借りる使い方と流れ

むじんくんの使い方

自動契約機(むじんくん)に入ると中は完全無人ですが、アコムのオペレーターと会話しながら操作するため、使い方などわからない点は聞きながら契約を進められます。

 

以下の読んで使い方を理解したら、まずはネットで申し込みを行いましょう。

 

審査や必要な書類の提出を先に済ませるので、自動契約機(むじんくん)の操作は最短5分にまで短縮できます。

 

全国にある近くの自動契約機(むじんくん)の店舗へ行く

アコムの店舗数は2022年1月現在で約900店舗です。

 

店舗は全国の都道府県にあるのでアコムの公式サイトから探して下さい。

 

むじんくんの場所

 

印刷された申込書類に必要事項を記入する

申込書を印刷

必要事項は名前や連絡先、勤務先などです。

 

その後、記入済み用紙を自動契約機(むじんくん)に読み込ませます。

 

申し込み用紙と本人確認書類などの必要書類を提出する

申込書と併せて本人確認用の書類や収入証明書も読み込ませます。

 

操作の指示は画面に沿って行われますので、画面表示に従って操作を完了することで申し込みが終了します。

書類読み取り口

 

本人確認書類とは

次のいずれか1点が必要になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 顔写真の付いた個人番号カード

 

収入証明書とは

次の3つのケースでは収入証明書の提出が必要です。

  1. アコムでの借り入れが50万円を超える場合
  2. 他社を含めた借り入れ総額が100万円を超える場合
  3. すでに提出してある収入証明書が3年以上経過している場合

 

収入証明書として認められている書類は次のものです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2か月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

(いずれも最新のもの)

 

審査に通ると自動契約機(むじんくん)からカードが発行される

アコムむじんくんの使い方

審査にかかる時間は最短で30分となっていますが、混雑状況によっては1時間以上待つこともあります。

 

審査に通って契約まで完了すると、借り入れ・返済で使えるアコムカードが機械から発行されます。

 

審査には在籍確認があります

アコムに限ったことではなく、カードローンを申し込むと必ず在籍確認が行われます。

 

在籍確認とは申込書で申告した会社に本当に勤めているのかを確認するためのもので、「たしかに在籍している」とわかった時点で初めて返済能力があると認めてもらえるからです。

 

しかし、会社の休業日にアコムに申し込みをしたり、会社が個人的な電話を取り次がなかったりすることもあります。

 

会社への電話連絡となる在籍確認に不安を感じる人はアコムへ相談してください。(フリーダイヤル:0120-07-1000)

 

自動契約機(むじんくん)に併設してあるアコム専用ATMでお金を借りる

アコムは自動契約機(むじんくん)の約98%にATMを併設しているため、契約が済んでカードを受け取ったら実際にその場でお金を借りられます。

アコムATMで借りる

アコムからお金を借りられるATMは、アコム専用とコンビニなどの提携ATMがあります。それぞれのATMの使い方は以下のとおりです。

 

アコムATM
  1. カード挿入口にカードを入れる
  2. 4桁の暗証番号を入力する
  3. 「ご融資」ボタンを押して借り入れ金額を入力する
  4. 明細書、カード、お金を受け取る

 

提携ATM
  1. カード挿入口にカードを入れる
  2. 「出金」ボタンを押す
  3. 4桁の暗証番号を入力
  4. 金額を入力し「確認」ボタンを押す
  5. 明細書、カード、お金を受け取る

自動契約機(むじんくん)の手続きを最短5分にできるネット申し込みの流れ

ネットから申し込みを済ませる
アコムではネットで申し込みと審査を進めておき、カード受け取りなどの手続きのみを自動契約機(むじんくん)にすることもできます。

 

ネット申し込みのメリットは以下のとおりです。

  • 書類も先にネットで送るため提出漏れや忘れを防止できる
  • カードを受け取るだけなので店舗の滞在時間は最短5分まで短くなる
  • 申し込み書類を手書きする必要がない
  • 15分ほどで入力できるため時間と場所を選ばない
ネット申し込みから借り入れまでの流れ
  1. スマホで申し込みをし「カードを自動契約機(むじんくん)で受け取る」を選ぶ。

    スマホで申し込みを開始し「カードをむじんくんで受け取る」を選ぶ

  2. 審査に通ったら通知が来るので、店舗へ移動して自動契約機(むじんくん)でカードを受け取る。

    審査に通ったら自動契約機(むじんくん)でカードを受け取る

  3. 併設しているアコム専用ATMでお金を借りる。

    併設しているアコム専用ATMでお金を借りる

自動契約機(むじんくん)まで行って審査に落ちてしまうと無駄足になってしまいますが、ネット申し込みなら先に審査結果がわかるので効率的に時間を使えますし、審査を受けている間に自動契約機(むじんくん)まで移動することもできます。

 

また、前日のうちにインターネット(24時間365日受付)から申し込みをしておいて審査に通過すれば、次の日には自動契約機(むじんくん)でアコムのカードが発行されるため、朝からすぐにお金を借りたいときに便利です。

 

\ ネットで先に審査します /

今すぐお申し込み

アルバイトの方も申し込めます

アコム自動契約機(むじんくん)の営業時間

アコムの自動契約機(むじんくん)の営業時間は9:00~21:00です。

 

自動契約機(むじんくん)とアコム店舗の受付時間や営業日をまとめましたので参考にしてください。

自動契約機(むじんくん)
9:00~21:00(年中無休・年末年始を除く)
有人店頭窓口
9:30~18:00(平日のみ営業)
アコムATM
24時間

※営業時間は一部異なる場合があります

 

アコム自動契約機(むじんくん)の審査時間は21時まで

アコムの審査受付時間は9:00~21:00です。

 

申し込み手続きにも時間がかかることを考えると遅くても20時までには申し込みしましょう。

 

自動契約機(むじんくん)には営業時間がありますし、審査にかかる時間も考慮しなくてはなりません。

 

次のような時間帯・時期に申し込むと審査が混みあって時間がかかってしまうことが多いです。

  • 平日の夕方以降
  • 土日祝
  • 正月・GWといった連休の前日

申込者がたくさんいてなかなか審査が受けられなかったり、申込内容に不備があって審査に時間がかかったりする場合もあるので、時間には余裕をもって申し込むことをおすすめします。

自動契約機(むじんくん)のメリット・デメリット

アコムから借りたい時間や利用する場所によって、自動契約機(むじんくん)の使い方を考えるのがおすすめです。

悪いところ
近所にあるとは限らない

先客がいると待つ必要がある
深夜・早朝には利用できない

いいところ
申し込みから契約まで店舗内で完結する

年末年始以外は年中無休
ネットを使えない人でも申し込める

デメリット

アコムの自動契約機(むじんくん)を公式サイトで調査してみると、東京都のように100ヶ所以上店舗がある地域もあれば5店舗ほどの県もあります。

 

移動時間が掛かるだけでなく、必要書類に不備があったり持参を忘れてしまった場合は、また準備して出直して来なければなりません。

 

また自動契約機(むじんくん)での申し込みには時間が掛かるため、誰かが使っていたらそれを待たなければなりません。

 

メリット

申し込みから審査、カード発行まで契約のすべてが自動契約機(むじんくん)の店舗内で完結します。

 

カードや契約書もその場で受け取るため自宅に郵便物が届きません。

 

自動契約機はスマホやパソコンが苦手な方でも使いやすいように、大型タッチパネルに表示される手順に従って手続きを進められます。

 

また自動契約機(むじんくん)は土日祝日も関係なく審査とカード発行を行えます。

 

\ ネットで先に審査します /

今すぐお申し込み

アルバイトの方も申し込めます

アコム自動契約機(むじんくん)の入り方と店内を写真で解説

アコムの自動契約機(むじんくん)は道路沿いにあるロードサイド独立店舗型と、駅近くなどのビルに入っているテナント型の2タイプがあります。

 

それぞれの特徴は以下のとおりです。

店舗型
・年末年始を除き年中無休、9:00~21:00・ATMは24時間

・店舗の多くが駐車場付き
・目立たない場所でバレにくい

テナント型
・基本的な営業時間は店舗型と同じだが、入っているビルの基準によって変わる

・都心部ではATMを複数設置している店舗もある
・人通りの多い場所にある

ロードサイド独立店舗型の自動契約機(むじんくん)

ロードサイド型店舗むじんくん

 

テナント型の自動契約機(むじんくん)

テナント型店舗むじんくん

 

営業時間中は入口に鍵はかかっていないので、ドアを開ければ店舗に入れます。

 

自動契約機(むじんくん)の店舗はくもりガラスで内部は見えないため、先に入っている人がいると気まずくなることも。

 

しかし実際に何回も自動契約機(むじんくん)の店舗へ行ってみた経験では、他の人に会うことはありませんでした。

 

店舗内は写真のようになっています。中に入ると奥に自動契約機(むじんくん)が設置されています。

むじんくんに入ったところ

 

自動契約機(むじんくん)へ入るときは契約中ランプを確認する

契約中ランプ

 

先に契約している人がいると「契約中」ランプが点灯し鍵がかかっています。

 

自動契約機(むじんくん)へ入るときは必ず確認しましょう。

 

なお、中には契約者しか入れません。「一人じゃ不安だから友達と一緒に入りたい」と思ってもセキュリティ上、入ることはできませんので注意してください。

 

営業時間外はカードを使って入れる

自動契約機(むじんくん)の営業時間を過ぎていても、同じ店舗内に設置してあるATMは24時間利用できます。

 

早朝や深夜にお金を借りたい返したいときは、アコムのカードを入口のセキュリティボックスに差し込んで店舗へ入りATMを使ってください。

 

カード差し込みセキュリティボックス

 

自動契約機(むじんくん)の部屋は完全な個室

自動契約機(むじんくん)へ入室後タッチパネルの「受付開始」を押して契約の申し込みをします。

 

このとき、契約中ランプが点灯し鍵もかかるため、誰かが間違って入ってくることはありません。

 

アコムの自動契約機(むじんくん)はオペレーターとネットワークでつながっているため、使い方がわからない場合には教えてもらえるようになっています。

 

使うとわかる利便性自動契約機(むじんくん)

 

自動契約機(むじんくん)の使い方は画面の案内にしたがってタッチパネルに触れるだけの簡単操作。

 

困ったときはオペレーターがすぐに対応してくれるので、はじめての方でも安心です。

 

ボールペンも用意されているので筆記用具は持参しなくても大丈夫です。

ボールペン

 

使い方が簡単な自動契約機(むじんくん)でも注意事項が2つあります。

  1. 本人確認書類を忘れない
  2. 審査完了まではそこを動けない

自動契約機(むじんくん)が近所ならば書類を忘れても大丈夫ですが、遠距離にある店舗だと取りに帰るのは大変です。

 

逆に店舗が近いと近所の人に見つかる可能性も高まります。

 

自動契約機(むじんくん)を使うときでも、ネットから申し込んでしまえば書類忘れやバレるリスクも大きく減らせます。
アコムの自動契約機はバレるリスクもある

アコムの有人店舗は全国に4店舗のみ(店頭窓口一覧)

すぐにお金が必要になって即日融資を申し込む場合には、自動契約機(むじんくん)ではなく有人の店頭窓口で申し込むのも一つの方法です。

 

アコムの店舗窓口は平日9:30~18:00まで営業しており土日祝は休業。審査の受付時間は毎日9:00~21:00です。

 

専用のATMが併設されているので、契約が済んだらそのままお金を借りられます。

 

アコムの店舗窓口一覧

以前は福岡・神奈川・愛知などにもありましたが、今は全国で4店舗のみになりました。(2022年1月現在)

アコム西新宿支店
東京都新宿区西新宿1丁目3-1 新宿サンフラワービル2F
アコム川崎駅前統括支店
神奈川県川崎市川崎区駅前本町5-3 KOWA川崎駅前ビル2F
アコム天王寺統括支店
大阪府大阪市天王寺区堀越町16-9 毎日シルバ-ビル4F
アコム梅田支店
大阪府大阪市北区小松原町1-7 ミスターりんビル2F

店舗窓口は全国に4店舗しかないため、アコムに相談したい時には他にも4つの方法があるので安心してください。

  1. アコム公式サイトにある「チャットサービス」(平日9:00~18:00)を利用する
  2. 自動契約機(むじんくん)に設置してあるインターフォンを利用する
  3. ATMに設置してあるインターフォンを利用する
  4. アコムフリーコールに電話する(0120-134-567)

ただし、次のような場合にはアコムの店舗窓口で手続きを進めるほうがよい場合もあります。

 

各種照会や変更手続きをしたい

アコムでカードローンを利用する時には暗証番号が必要になりますが、その暗証番号を忘れてしまったという場合です。

 

暗証番号を変更す際には来店したほうが簡単に手続きを行えます。

 

また、登録をしている電話番号や住所が変わり、変更の届け出手続きなどをする場合にもアコムの店頭窓口で手続きをするほうがスムーズです。

 

また、これらの両方を同時に行う場合などには店頭窓口での手続きが必要となるといえます。

 

その場合にはアコムカードまたはACマスターカードを持参して来店するようにします。

 

借り入れに不安がある時に相談したい

アコムの自動契約機(むじんくん)で借り入れ手続きをするよりも、アコムの店舗窓口で手続きをするほうがメリットがある場合があります。

 

例えば初めてカードローンを利用するため不安や戸惑いをかかえているときは、店舗に来店することでスタッフに納得いくまで十分な説明をしてもらえます。

 

それにより不安な気持ちや疑問点などの解消につながりやすいということです。

 

わからない点はしっかりと解説してもらえ、不安な点は具体的に詳しく教えてもらえますので、不安や疑問を解決しやすいアコムの店頭窓口の利用はおすすめです。

 

こうした点は自動契約機やインターネットでは真似できません。

 

アコムで借りるメリットを詳しく聞きたい

アコムでは最大30日間金利0円サービスという直接お金に関わるサービスの他に、多彩な借り方や返済方法などの利便性でのメリットも数多くあります。

 

ネット上の情報だけでは難しい時に直接店舗で話を聞けばわかりやすく説明してくれるので、それらのメリットを無駄なく活かせます。

アコムの自動契約機(むじんくん)でカードだけ作ることも可能

アコムでカードを作る

アコムで契約してカードを作ったとしても、必ずお金を借りなければいけないという規約はありません。

 

カードを受け取った後、一切利用しなくても問題はなく、カードの停止や没収などのペナルティも存在しません。

 

借り入れをしなければ利息も発生することはないので、アコムのカードだけ作りたい人も安心して契約できます。

 

またアコムで新規の申し込みをする場合、申し込みをした時間帯や審査の状況次第では、契約までに時間がかかってしまうことがあります。

 

いざという時にいつでも借りられるようにしておきたい人や、近々お金が必要だという人は、余裕がある時に事前にアコムでカードだけ作っておくのも良いでしょう。

アコムのカードを作るだけでも契約は通常通り

アコムでお金を借りなくても審査や契約を済ませることによって起こるデメリットもいくつか存在します。

 

アコムの契約だけを済ませて利用しない場合のデメリットを3つ紹介しますので、それぞれの注意点をよく理解しておくようにしましょう。

 

無利息期間が終わってしまう

初めてアコムと契約する人には、30日間利息が0円になる無利息期間が設定されています。

 

この無利息期間は、契約後に利用する・しないに関わらず、契約日の翌日からカウントがスタートします。

 

そのため、契約した日から30日が経過してからアコムでお金を借りる場合、無利息期間を利用することはできません。

 

先々にアコムでお金を借りる予定があり無利息期間をうまく利用したいという人は、契約するタイミングに注意してください。

 

他社のローン契約で不利になることがある

消費者金融やクレジットカード会社、銀行では、新たなローンの申し込みがあった場合、申込者のローンの利用履歴や返済状況を確認するため、信用情報機関に個人信用情報の照会をかけます。

 

その際、カードを持っているだけで実際にお金を借りていなくても、アコムに借り入れ枠があることは信用情報に記載されているので、ローン審査でバレることになります。

 

アコムに借り入れ枠があるというだけで住宅ローンなどの審査で不利になる可能性がありますので、重要なローン審査を控えている場合は特に注意が必要です。

 

カード紛失などのリスクがある

アコムでカードを作ったまま利用しない状態が続くと、カードを発行したこと自体を忘れてしまう可能性があります。

 

気づかない間にどこかへ落としてしまい、紛失しても気づかないなどのリスクも考えられます。

 

カードだけ発行してしばらく利用しない場合は、自宅のわかりやすい場所にカードを保存しておくなど、カードの管理に気を付けましょう。

アコムの自動契約機(むじんくん)で増額する時の使い方

アコムと契約を結んだ直後の限度額は、少額で設定されていることがほとんどです。

 

そのため、少し出費が重なってしまっただけで、限度額まで使い切ってしまう可能性があり、不便に感じるかもしれません。

 

アコムは返済に遅れることなく返済していると、返済実績が認められて増額案内が来ることがあります。

 

ただし、案内が来たとしても無審査で増額されるわけではなく、必ず申し込みをして審査を受ける必要があります。

 

なかなか時間が取れないため、出かけたときについでに手続きをしたい人は、自動契約機(むじんくん)を使うのがおすすめです。

自動契約機(むじんくん)で増額手続きをする使い方は新規の申込みとほぼ同じ

まず自動契約機(むじんくん)の営業時間内に、他の人が利用していないことを確認してから中に入りましょう。

 

利用中は「契約中ランプ」が点灯しています。

 

営業時間と審査時間は年末年始を除いた9:00~21:00です。

 

アコムの自動契約機(むじんくん)で増額手続きをする使い方は下記のとおりです。

  1. タッチパネルの画面操作に従って増額申請をする
  2. オペレーターに増額希望額など具体的なことを話す
  3. 審査開始
  4. オペレーターから審査結果の連絡がくる

アコムの審査対応時間に間に合えばその場で審査結果がわかるため、早めに増額審査の結果を知りたい人は自動契約機(むじんくん)うを使うのがおすすめです。

アコムを解約するときの自動契約機(むじんくん)の使い方

アコムを解約するにはアコム総合カードローンデスク(TEL:0120-629-215)へ電話するか有人の店舗窓口または自動契約機(むじんくん)に来店する必要があります。

 

しかし最後にアコムのATMを使いたいなどの理由で店舗に行くこともあるでしょうから、ここでは自動契約機(むじんくん)で解約するときの使い方を紹介します。

  1. 自動契約機(むじんくん)に行く(アコムカードと本人確認書類を持参する)
  2. 「会員の方ボタン」押す
  3. 「お問い合わせ、ご相談ボタン」を押す
  4. ブース内のインターフォンから「解約したい」とを伝える
  5. 「アコム総合カードローンデスク」につながる
  6. 電話での手続き方法と同じ
  7. アコムカードを処分または返却

自動契約機(むじんくん)を使っても電話と同じところにつながります。

 

ですからアコム総合カードローンデスクを最初から利用しておけば時間のロスを減らせます。

 

なお、アコム総合カードローンセンターデスクは平日9:00~18:00となっていますので受付時間に注意しましょう。

アコム自動契約機(むじんくん)の使い方でよくある質問

必要なものはなんですか?

本人確認書類として免許証やパスポートが必要です。

 

アコムの利用が50万円を超える、または他社を含めた借り入れ総額が100万円を超えるときは、本人確認書類に加えて収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)が必要です。

審査結果はいつわかりますか?

最短30分でその場で審査結果を回答します。

審査を待つ時間がありません

先にネットから申し込みをすると審査も済ませることができ、自動契約機(むじんくん)ではカード受け取りのみで終了です。

営業時間を知りたいです

営業時間は自動契約機(むじんくん)が9:00~21:00(年中無休、ただし年末年始は除く)、ATMコーナーは24時間営業です。※一部営業時間が異なります

インターネットで申し込みした場合、カードの受け取り方法はどうなりますか?

有人店舗と自動契約機(むじんくん)はネット申し込みと連動しているので、契約後に店舗または自動契約機に行けば即受け取れます。

 

上記で受け取らない場合は郵送でのカード受け取りです。(「ACサービスセンター」として届きます)

自動契約機(むじんくん)で契約が済んだらすぐ借りられますか?

約98%の自動契約機(むじんくん)店舗に専用ATMを設置しているので、その場でお金を借りられます。

返済はできますか?

自動契約機(むじんくん)では返済できませんが、同じ敷地に併設されているアコムATM(24時間利用可能)で返済します。

ACマスターカードは発行できますか?

発行可能です。

 

しかし、すべての自動契約機(むじんくん)で発行されるわけではないため事前に確認して下さい。

 

\ ネットで先に審査します /

今すぐお申し込み

アルバイトの方も申し込めます

監修者:滝口誠
ファイナンシャル・プランニング技能士 / 日本証券外務員一種 / 日本証券外務員内部管理責任者

※本記事はサービス・商品等の情報提供を目的としており、契約の斡旋、売買の推奨、代理契約等を行うものではありません。
※本記事は可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※キャンペーン、ローン内容、各種商品に関する最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
※本記事に掲載する商品、サービス等に関するご質問は企業へ直接お問い合わせください。
※本記事に掲載の企業とお客様での契約に関しいかなる関与もいたしません。